Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 最終戦 第52回 MFJグランプリ 鈴鹿 10/31-11/1 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

野左根航汰が開幕5連勝を飾る!

第4戦 ツインリンクもてぎ JSB1000クラス 決勝レース1

 

News 2020.10.17

 

レース1表彰台の3人

 

15時スタートで23周で予定されていたJSB1000決勝レース1は、ウエット宣言で当初から21周へと周回数減算、さらにそのスタート直後の秋吉耕佑と水野涼の接触転倒で赤旗が提示され、再レースとなった。転倒した2台は、秋吉耕佑が再スタートに向けてのウォームアップラップでスローダウン、水野は10周でレースを終えている。再レースでも好スタートからホールショットを奪ったのは野左根航汰。中須賀克行が直後に着けるが、加賀山就臣がアウトから一気にこの2台に続いて3番手に浮上。

 

しかし、レースは野左根を先頭に中須賀の2台が他車と1秒以上違うハイペースで周回ごとにリードを広げていく。加賀山を先頭とした3番手争いは、清成龍一が抜け出し前の2台を追い、岩田悟と濱原颯道が加賀山と4位争いを展開する。その間にもトップ2台は野左根を前にして清成との差を広げていく。雨は激しさを増した終盤,16周目に入った2コーナーで亀井雄大が転倒、マシンがコース上に残ったため、赤旗が提示されレースは中断された。15周目の結果でレースは成立し、野左根が優勝、2位には中須賀、突如ペースの上がらなくなった清成を、集団から抜け出して迫りつつあった加賀山が抜き去った末に3位表彰台を獲得した。

 

これでトップの野左根が125ポイント、ランキング2位の清成は98とその差は27となった。

 

ツインリンクもてぎ公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL〜各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

公式結果/MFJオンラインマガジン

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.