Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 最終戦 第52回 MFJグランプリ 鈴鹿 10/31-11/1 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

F.C.C. TSR Honda France 苦難の19ー20シーズンを締めくくる

ル・マン24時間2020優勝、エストリル12時間2位表彰台

 

News 2020.09.27

 

 

もともと年間5戦ほどでシリーズを構築していたFIM EWC世界耐久選手権シリーズ。9月のボルドールを開幕戦〜翌年7月の鈴鹿8耐を最終戦とするようになって、年をまたいだシリーズ名称となっており、今季は2019ー20シーズン。

 

だが、世界的なパンデミックとも言うべきウイルスの流行により、今年4月のル・マンが8月29ー30日に延期さらには無観客、9月のボルドールは本来ならば翌2020ー21シーズンの開幕戦だが、今季シリーズに組み入れられ、鈴鹿8耐は年末近くに延期された。

 

しかし、その後も収まる気配のないこのウイルスの世界的な蔓延により、鈴鹿8耐は中止、ボルドールが最終戦となるが、肝心のサーキット側が無観客ではできないと中止を決める中、最終戦の舞台はMotoGPでも知られているエストリル(ポルトガル)12時間となったのだ。

 

かくして唯一の日本チームとして奮闘するF.C.C. TSR Honda Franceは、移動制限などの中でル・マン24時間に5度目のチャレンジ。しかも、実戦もまだまだ少ない新型Honda CBR1000RR-R FirebladeをTSRチューニングのEWC仕様として投入。新型CBR世界耐久デビューレースで、ほぼノントラブル、ノンミスで完勝を遂げた。

 

そして自力での逆転チャンプは難しい中ではあるが、先日、9月26日(土)に決勝レースが行われたエストリル12時間では、予選2番手から12時間の間終始ライバルたちとトップ争いを展開し、最終的には25秒差という、12時間耐久レースとしては僅差ながら2位表彰台に立ったのだ。

 

 

この結果、今季のFIM EWCタイトルはSUZUKIのS.E.R.T.(Suzuki Endurance Racing Team)が獲得、エストリルで優勝したYART – YAMAHAが2位、そして3位は、ル・マン2020で優勝、エストリルで2位となったF.C.C. TSR Honda Franceが獲得した。

 

以前シリーズ参戦し、何度もタイトルを獲得している全日本ロードレース選手権からはやや遠ざかっているTSRだが、世界を相手に戦っている日本チームとして是非注目してみよう!

 

(写真上:ル・マンの大型トロフィとチーム用小トロフィ、そして鈴鹿サーキットから贈られるトロフィ)

 

(写真下:エストリルの表彰式)

 

TSR公式サイト

(最新情報は公式サイトで)

 

 

TSR公式Facebookページ(画像・動画も満載)

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.