Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 オートポリス 9/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

酷暑の岡山国際で野左根航汰がトップタイム!

第2戦岡山国際公開テスト初日

 

News 2020.08.19

 

 

開幕戦SUGOから9日後となる8月19日(水)よりシリーズ第2戦の公開テストが岡山県・岡山国際サーキットで始まった。初日は、朝より快晴となったが、気温も急激に上がり酷暑の中でのテストとなった。2コーナーから3コーナーのところにできた、モーターサイクルシケインを初めて使用。ラップタイムの推移も注目された。

 

 

路面温度は、最高で60度、最後のセッションも温度は下がらず57、58度もあった。

 

その厳しいコンディションの中、トップタイムとなる1分32秒003をマークしたのは、やはりYAMAHA FACTORY RACING TEAMの野左根航汰だった。

「とにかく暑かったですね。鈴鹿8耐でも体験しないほどでブーツの中まで暑くなっていましたから。モーターサイクルシケインは、初めて走りましたが、走る度に慣れて行ったものの、路面温度も上がって行ったので、ラップタイムは縮められませんでしたが、明日は31秒台には入ると思います。タイヤもいろいろ試せたので有意義なテストになりました」と野左根。

 

2番手に開幕戦SUGOのレース1で転倒。右肩を脱臼骨折し、まだ完治していない中須賀克行が1本目にマークした1分32秒061で続き、3番手に渡辺一馬が1分32秒622、4番手に1分32秒848の清成龍一、5番手に1分32秒891の水野涼、6番手に1分33秒388の濱原颯道、7番手に1分33秒860の前田恵助、8番手に1分34秒568の津田一磨、9番手に1分34秒720の柳川明、10番手に1分35秒546の加賀山就臣というトップ10。

 

 

ST1000クラスのトップタイムは、1分34秒879の津田拓也。これに1分34秒966の高橋裕紀、1分35秒076の尾野弘樹、1分35秒301の作本輝介、1分35秒331の榎戸育寛、1分35秒590の名越哲平、1分36秒208の藤田拓哉、1分36秒594の清末尚樹、1分36秒871の伊藤和輝、1分36秒940の奥田教介と続いた。

 

 

ST600クラスは、小山知良が1分37秒666でトップタイム。2番手に1分37秒718の横山尚太、3番手に1分37秒833の長尾健吾、4番手に1分37秒929の岡本裕生、5番手に1分37秒953の荒川晃大と1分37秒台で続いた。

 

第2戦スーパーバイクレース in 岡山公式結果ページ
タイムテーブル・エントリーリスト

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.