Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 最終戦 第52回 MFJグランプリ 鈴鹿 10/31-11/1 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

3度目の日本一を狙う徳留真紀

マルマエMTRよりJ-GP3クラスにエントリー

 

News 2020.03.13

 

20200313_01.jpg

 

 

1993年に全日本GP125クラスにデビュー。世界でも活躍した徳留真紀が2020年シーズンのチーム体制を発表した。昨年まで3シーズン、J-GP2クラスに参戦していたが、同クラスの廃止に伴い、参戦クラスを模索していた。そしてJ-GP3クラスに復帰することを決断した。

 

 

「今年も地元鹿児島の株式会社マルマエ様を始め、多くのスポンサー様方のご協力を賜りレースができることを心から感謝しています。3年間戦ったJ-GP2クラスが昨年で終了となり、ST1000やST600への参戦も考えましたが、今年はJ-GP3クラスに再挑戦することに決めました! 2年目となる自身のチーム、マルマエMTRをベースに、昨年のJ-GP3チャンピオンチームであるClubY’s様にもご協力頂ける事になりました。純粋なレーシングマシンのシャキッとした乗り味が楽しみですし、J-GP2を経験したことも活かせると思います。若手からベテランまでライバルも多いクラスですが、まずは僕自身がしっかり走れるようマシン造りからチーム皆で頑張ります。目標は2016年以来3度目のチャンピオン獲得です。開幕戦から全力で勝ちを狙って行きます。一刻も早い新型コロナウイルスの収束を願いつつ、皆様によろこんでもらえるレースをしたいと思っています。ご声援よろしくお願いいたします」

 

 

20200313_02.jpg

 

 

マシンは、Honda NSF250R、タイヤはブリヂストンのパッケージ。ゼッケンはもちろん#36となる。2012年、2016年とJ-GP3クラスのチャンピオンを獲得している巧者・徳留の復帰で、本命がまた一人増えることになる。

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.