Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 オートポリス 9/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

榎戸育寛が雨中のレースで今季2勝目!

第6戦 岡山国際 J-GP2クラス 決勝レース

 

News 2019.09.01

 

榎戸育寛のウイニングラン

 

 

J-GP2クラスも当初ウエット宣言なく、19周のままでレースがスタートした。しかし、3周目終了前後に突然降り出した雨で、2番手を引き離してトップを走行する作本輝介が転倒、他にも転倒が発生したために赤旗でレースは中断。WET宣言が出された状態で12周の再レースとなった。

 

 

転倒でグリッドに並べなかった1台を除いて13台でスタートしたレースは、小谷咲斗が好スタートを切りホールショットを奪う。しかし直後にいた榎戸育寛がヘアピンでトップを奪うと、そのままレースをリードしていく。後方では名越哲平が岩﨑哲朗と競り合う。作本はその後ろの5番手にいた。4周目までに岩﨑が名越を抜いて、さらには小谷もかわすと榎戸に迫る勢いを見せる。レース終盤にかけてコンマ2秒のところまで迫った岩﨑だったが、その後は乾いて来る路面とタイヤの状態、後方との差を確かめて、ポジションキープの走りに。迫られた榎戸もプッシュを続け、トップチェッカー、今季2勝目を挙げた。岩﨑はうれしい2位クラス初表彰台。

 

 

作本は5位から追い上げ、名越、小谷とかわしてレース最終盤には3位に浮上、そのままチェッカーを受けた。小谷が4位、名越は5位となり、名越をトップにしたランキング争いは、榎戸の優勝を受け4ポイント内に作本と3人がひしめき混沌としてきた。

 

 

タイミングモニター

 

 

公式結果ページ(MFJ公式サイト)

 

 

MFJ Liveチャンネル(公式YouTubeチャンネル)

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.