Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

岡本裕生がポールポジション !

第6戦 岡山国際 ST600クラス公式予選

 

News 2019.08.31

 

岡本裕生

 

 

決勝グリッド40台に対し参加台数が48台となり、A、B組分け2回の公式予選で、8台の予選落ちが発生することになったST600クラス。A組の1回目では、セッション序盤から#1を付ける岡本裕生が1分32秒台に入れてトップ立ち、最終的には32秒581までタイムアップして走行を終えた。2番手には33秒089で長尾健吾、33秒635でSTEFAN HILLの結果。B組では國峰啄磨が序盤に1分32秒816でトップ、2番手には同じチームの小山知良が33秒077で続き、この2台がそのまま1-2で1回目のセッションを終えた。33秒579の奥田教介が3番手。

 

 

午後にかけて日差しが強くなって始まった2回目の予選セッションでは、タイヤ制限と厳しい暑さもあり、上位陣でタイムアップするライダーはほとんどおらず、A組は岡本が33秒9でトップ、B組では奥田が33秒472とタイムを更新して2回目の組トップでセッションを終えた。

 

 

総合順位では岡本が今季3度目のポールポジション、2番手にB組1回目トップの國峰、3番手に同じく2番手だった小山の日本郵便 HondaDream勢が占めフロントロウを構成することとなった。

 

 

岡山国際サーキット公式サイト(大会特設サイト)

 

 

公式結果ページ(MFJ公式サイト)

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.