Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

岡村がST600にスイッチ! マークがJSB1000にスポット参戦!!

鈴鹿8耐にはWill Raise Racing RS-ITOHを三陽工業がスポンサード

 

News 2019.02.22

 

20190222_01.jpg

 

 

KRP三陽工業&RS-ITOH with VISSEL KOBEの2019年体制発表会が兵庫県明石市のホテルキャッスルプラザで2月22日(金)に開催された。

 

 

同体制で3年目を迎える2019年は、岡村光矩がST600クラスにスイッチしてフルエントリーし、シリーズチャンピオンを目指す。
「三陽工業様と共に挑戦を開始して3年目。今シーズンは参戦クラスをST600クラスに変更して挑戦します。ST600では2014年に優勝経験がありますが、だからこそ勝つ事の難しさも理解しております。
JSB1000やアジアでの経験を生かすために、もう一度初心に戻り九州での練習に力を入れ、1レース1レース大切に結果に繋げようと思っています。レースを支えてくださる多くの皆様と共に、ST600クラスで日本一になる事に目標を絞り取り組んで行きます。私達を応援してくれる皆様と共に喜ぶ為にも、いいレースがしたいと思っております。今シーズンも応援よろしくお願いいたします」と岡村。

 

 

20190222_02.jpg

 

 

また、2017年に同チームから鈴鹿8耐に参戦したマーク・アチソンを開幕戦ツインリンクもてぎから第3戦SUGOまでJSB1000クラスにスポット参戦する。

「2019年のチャレンジは、とても光栄で楽しみにしています。今回の様な機会を与えていただいた三陽工業、伊藤一成総監督とKawasakiにとても感謝しています。チームとして今年のレースは簡単なものでないと思いますが、すばらしいスポンサー様達に恵まれました。チームの一員として最高の結果を残せると信じています」とマーク。

 

 

20190222_03.jpg

 

 

さらに、三陽工業がWill Raise Racing RS-ITOH をスポンサードする形で鈴鹿8耐への参戦を目指すことも発表された。すでに体制発表しているWill Raise Racing RS-ITOH でJSB1000クラスを戦う柳川明とマークとのコンビでEWCクラスにエントリーしたい意向だが、その前にトライアウトを通過しなければならない。柳川、そしてマークのどちらかが開幕戦ツインリンクもてぎ、第2戦鈴鹿2&4でトライアウトを通過したいところだ。

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.