Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 オートポリス 9/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

F.C.C. TSR Honda France EWC開幕戦を劇的に制する!

2018/2019 FIM EWC開幕戦ボルドール24時間

 

News 2018.09.18

 

2018ボルドール優勝

 

 

F.C.C. TSR Honda Franceがまたまたやってくれた。9月15日(土)〜16日(日)に日付けをまたいで行なわれた、フランス南東部マルセイユ近郊のポール・リカールサーキット(5.673Km)で開催された、2018/2019 FIM EWC開幕戦第82回ボルドール24時間耐久レースにおいて、劇的な優勝を飾ったのだ。

 

 

レースは、#11 チームSRCカワサキ・フランス(ランディ・ド・プニエ/ジェレミー・グアルノーニ/デビッド・チェカ組)、#2 スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム(ヴァンサン・フィリップ/エティエンヌ・マッソン/グレッグ・ブラック組)、#6 ERC-BMWモトラッド・エンディランス(ケニー・フォーレイ/ジュリアン・ダ・コスタ/マチュー・ジャインズ組)、#1 F.C.C.TSR Honda France(ジョシュ・フック/フレディ・フォーレイ/マイク・デ・ミオ組)、# 7YARTヤマハ(ブロック・パークス/ニッコロ・カネパ/マービン・フリッツ組)の上位陣が転倒やトラブルで脱落していくサバイバル模様。それでも地元フランスのSRCカワサキが強さを発揮して中盤から終盤にかけてトップをキープする。

 

 

しかし、そのSRCカワサキ、そしてスズキ・エンデュランス・レーシング・チームもトラブルや転倒でトップから滑り落ちる。代わって22時間経過頃にレースをリードしたのが、序盤に順位を落としながらしぶとくポジションを回復してきた#1 F.C.C.TSR Honda Franceと#7 YARTヤマハだ。2台は#1 F.C.C.TSR Honda Franceを先頭として一歩も譲らず最後の1時間に突入、互いに残り周回やピットイン回数などを計算しながらレースを続ける神経戦を展開。両者ともこのまま走るのか、どちらがどのタイミングでピットインするのか、目の離せない展開の中、24時間に向けて時計が進んでいくのか、と思われた残り30分頃、よもやの4回目のセーフティカーが介入、その間隙にピットインを行い、給油などの作業を行なったのが#7YARTヤマハだった、

 

 

フレディのバトル

 

 

しかし、SCカー通過後にコースに戻った# 7YARTヤマハは約2分ほどで規制が解除されると、2台のセーフティカーで分かれたグループの違う#1 F.C.C.TSR Honda Franceとは約半周の差。猛然とトップを追う#7YARTヤマハだったが、緻密な作戦で残り時間を走り、トップを守った#1 F.C.C.TSR Honda Franceが同レースで初優勝を遂げた。

 

 

F.C.C. TSR Honda Franceは今年4月のル・マン24時間でも日本チームとして初優勝しており、今回も同様に初優勝を飾った。Hondaがこのレースで優勝するのは1996年以降22年振り。F.C.C. TSR Honda Franceは2連覇に向けて、絶好のスタートを切った。

 

 

現地に移住してまでこのシリーズに集中する藤井正和総監督は『まさに奇跡。しかし、いつも言う通り、その位置にいなければこの結果は生まれない。耐久チームはみんなその想いでレースをしている、諦めたらそこで終わり。我々もタフでしぶとい耐久チームになってきた、ということかな』と満面の笑顔でコメントした。

 

 

◎公式リザルト(EWC公式サイト日本語版)

 https://www.fimewc.jp/results/#

 

◎Huluで全戦ライブ配信

 https://www.happyon.jp/realtimes/278

 

◎TSR公式Facebookページ

 https://www.facebook.com/TSRHondaFrance/

 

2018/2019 FIM EWC世界耐久選手権シリーズのレースカレンダーは以下の通り

最終戦は鈴鹿8耐だ。

 

 

15/16 September 2018 Bol d’Or (24h) Le Castellet (FRA) ※今回終了

 

20/21 April 2019 24heures Moto Le Mans (FRA)

 

11 May 2019 8 Hours of Slovakia Ring Slovakia Ring (SVK) ※土曜決勝

 

8 June 2019 Oschersleben 8 Hours Oschersleben (GER) ※土曜決勝

 

28 July 2019 Suzuka 8 Hours Suzuka (JPN)

 

 

なお、鈴鹿8耐の展開にも大きな影響を及ぼすであろう規則、その他にレース観戦にも関わる規則変更がEWCから発表されている。以下にて(EWC公式サイト日本語版)詳細が確認できます。

 

 https://bit.ly/2NgRrCr

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.