Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 スポーツランドSUGO 8/9-10 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

亀井雄大が全日本初ポールポジションを獲得!

第7戦オートポリス ST600公式予選

 

News 2018.09.01

 

亀井雄大の走り

 

 

天候の早い回復が見込めないため、午前中のセッションがすべてキャンセルされ、午後のスケジュールが4クラスの予選のみとなったオートポリスラウンド。その最初のセッションがST600クラスの公式予選となった。路面はピットウォーク等が行なわれている間に乾き始めていたが、「WET宣言」の中でのセッションは当初、ライン上はまだ水しぶきがあがる。その状況で、金曜日のART走行でトップタイムをマークしていた佐野優人が2分2秒332をマークしてトップに浮上。セッションが進むに連れて各ライダーもタイムアップを果たし、長尾健吾、上原大輝、西嶋修、田尻悠人、亀井雄大らが2秒台に入れてくる。

 

 

ランキングトップの岡本も中盤に2秒台に入れてポジションアップすると、その後は立て続けにタイムアップ、2秒241でトップを奪い、終盤にかけてさらにアタックを続け1秒875まで上げる。しかし、路面状況も好転してきた残り5分くらいから、それまでタイムの出ていなかったライダーも含め最後のアタック。國峰啄磨が1秒919で2番手に浮上すると、亀井雄大が1秒464に入れてトップに立つ。小山知良も1秒814に上げポジションアップ。チェッカー周にタイムを上げた南本 宗一郎が2秒183で5番手となった。結局、全日本初のポールポジションとなった亀井、國峰、小山でフロントロウ、岡本、南本、長尾の順でセカンドロウに並ぶことになった。

 

 

ST600順位モニター

 

 

◎全日本ロードレース選手権第7戦「九州モーターサイクルフェスタ2018 in オートポリス」

 公式結果(MFJ公式サイト)

 

 

オートポリス公式サイト大会特設サイト

 前売観戦券

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.