Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

手負いの中須賀克行がトップタイム!

第7戦オートポリス事前テスト初日

 

News 2018.08.23

 

20180823_01.jpg

 

8月23日(木)より第7戦オートポリスの事前テストが現地で始まった。台風19号、20号の接近により、天候が心配されたが予定通りセッションは行われた。朝方は、路面は濡れていたものの、徐々に乾き4メーカー合同テストの1本目が始まるころには、ほぼドライコンディションとなっていた。

 

 

JSB1000クラスは、1本目で野左根航汰が、ただ一人、1分48秒台に入れる1分48秒586をマークしトップにつける。2本目の開始直前に通り雨があり、路面が乾くまで待機時間があったが、ここで中須賀克行が野左根を上回る1分48秒541をマークし初日をトップで終えた。

「台風の影響が心配されましたがドライで走ることができてよかったですね。コースレイアウト的に、ツインリンクもてぎよりもオートポリスの方が肩に負担はかかりませんが、まだ100%には、ほど遠い状態なので肩の状態を見ながら慎重に走りました。2日目は、もっと暑くなる天気予報なので、しっかりマシンを仕上げてレースウイークに臨みたいですね」と中須賀。

 

 

野左根が2番手となりヤマハファクトリーが1-2。3番手に1分48秒631をマークしたHRCの高橋巧がつけ、4番手にカワサキの渡辺一馬が1分48秒708で続いた。

「いろいろ確認をしながら進めていましたが、2本目の開始直前の雨で予定よりも走行時間が短くなってしまったので、全てのメニューをこなすことは、できませんでした。でも順調に進んでいると思います」と渡辺一馬。

 

 

5番手に1分49秒172の津田拓也、6番手に1分49秒360の渡辺一樹、7番手に1分49秒950の秋吉耕佑、8番手に1分50秒179の水野涼、9番手に1分50秒381の松﨑克哉、10番手に1分50秒627の加賀山就臣、11番手に1分50秒651の生形秀之、12番手に1分50秒724のザクワン・ザイディ、13番手に1分50秒762の762の近藤湧也、14番手に1分50秒880の高橋裕紀、15番手に1分51秒540の清成龍一と続いた。YAMALUBE RACING TEAMから前田恵助の代役で出場するアヌパブ・サームーンは、1分52秒765をマークし、17番手だった。

 

 

J-GP2クラスは、岩戸亮介が1分53秒120でトップタイムとなった。「8耐での1000からの乗り換えはいい所も悪い所もありましたが問題なく乗れました。去年に比べてアベレージは悪くないのですが、今ひとつ攻め切れていない感じです。走り方もセットも、まだやりたい事があるので、2日目も集中して走ります」と岩戸。

 

チームメイトの作本輝介が1分53秒135と僅差で続き、Team髙武RSCが1-2を独占。3番手に榎戸育寛が1分54秒116、4番手に関口太郎が1分54秒166、5番手に名越哲平が1分54秒287、6番手に尾野弘樹が1分54秒819、7番手に岩﨑哲朗が1分54秒865、8番手に伊達悠太が1分54秒919、9番手に三原壮紫が1分55秒189、10番手に徳留真紀が1分55秒499で続いた。

 

 

J-GP3クラスは、1本目はハーフウエットとなり、走行を見合わすライダーも多かった。2本目はドライとなったが、両セッションとも小室旭がトップタイムを記録。2本目は、ただ一人1分59秒台となる1分59秒696をマーク。2番手を1秒以上引き離していた。

「今回は、マシンの仕様を大きく変更し持ち込んだので確認する事からスタートしました。ペースも上げやすくバランスもよかったので走りに集中する事ができました。レースで使用する物も正確に選択ができ順調に進んでいます。2日目もしっかりと進めてレースに臨みたいと思います」と小室。

 

2番手に2分00秒734の古市右京、3番手に2分00秒894の宇井陽一とベテラン勢が上位を占めた。4番手に2分01秒347の福嶋佑都、5番手に2分01秒858の安村武志、6番手に2分01秒908の中山愛理、7番手に2分02秒220の長谷川聖、8番手に2分02秒390の藤井謙汰、9番手に2分02秒481の山本恭裕、10番手に2分02秒814の高杉奈緒子、11番手に2分03秒969の岡崎静夏と続いた。

 

 

ST600クラスは、1分55秒604をマークした亀井雄大がトップタイム。2番手に1分55秒743の長尾健吾が続き、トップ2が1分55秒台。3番手に1分56秒122の小山知良、4番手に1分56秒168の南本宗一郎、5番手に1分56秒524の岡村裕生、6番手に1分56秒853の佐野優人、7番手に1分57秒106の佐野勝人、8番手に1分57秒187の奥田教介、9番手に1分57秒194の名越公助、10番手に1分57秒457の國峰啄磨と続いた。

 

 

エントリーリストとタイムスケジュールはMFJ公式サイト、前売観戦券はオートポリス公式サイトで。

 

 

◎全日本ロードレース選手権第7戦「九州モーターサイクルフェスタ2018 in オートポリス」

 エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)

 

 

オートポリス公式サイト大会特設サイト

 前売観戦券

 レースタイムスケジュール(PDF)

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.