Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2020年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 オートポリス 9/19-20 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

野左根航汰が今季初ポールポジション!

第6戦ツインリンクもてぎ2&4レース 公式予選

 

News 2018.08.18

 

20180818_01.jpg

 

ノックアウト方式で行われた公式予選。全車が走行するQ1では、開始早々に最終コーナーで濱原颯道が転倒するアクシデントが発生し、赤旗が提示される。再開されたセッションでは、初日にトップタイムをマークしている野左根航汰が1分49秒082をマークし、ここでもセッションをリード。8耐のケガが癒えていない中須賀克行が1分49秒154で2番手、高橋巧が1分49秒247で3番手、津田拓也が1分49秒648で続き、この4人が1分49秒台をマーク。以下、渡辺一樹、渡辺一馬、秋吉耕佑、高橋裕紀、ザクワン・ザイディ、加賀山就臣と続きQ2に進出。11番手清成龍一、12番手日浦大治朗、13番手生形秀之、14番手近藤湧也、15番手津田一磨、16番手山口辰也、17番手中冨伸一、18番手名越哲平、19番手星野知也、20番手松﨑克哉となった。

 

 

10台が出走したQ2でも野左根は速さを見せ、1分48秒564をマークし、今シーズン初ポールポジション。中須賀が1分48秒724で2番手につけYAMAHA FACTORY RACING TEAMが1-2。3番手に高橋巧が1分48秒911で続き、フロントロウの3人が1分48秒台。2列目に、津田拓也、秋吉、渡辺一馬が並び、3列目に渡辺一樹、加賀山就臣、高橋裕紀が並ぶ結果となった。

 

 

詳しいリザルトはこちら

公式結果MFJ公式サイト

 

 

ツインリンクもてぎ公式サイト(大会特設サイト)

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2020 MFJ. All rights reserved.