Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

総エントリー112台、283名のライダーが参加した北川圭一杯

第18回北川圭一杯ミニバイクレース

 

News 2022.12.15

 

総エントリー112台、283名のライダーが参加した北川圭一杯©TOSHIYA ONISHI

 

12月の風物詩とも言えるイベントに成長した北川圭一杯が、京都府・近畿スポーツランドで12月11日(日)に開催された。今年も総エントリー112台、283名ものライダーを集め、2022年シーズンの走り納めとなる耐久レースを楽しんだ。全日本ロードレースの中継でおなじみのmotoバトルLIVEチャンネルでLIVE配信され、辻野ヒロシアナウンサーが実況し、北川が解説を担当しつつ、ゲストライダーも交代で登場して番組を盛り上げた。

 

©TOSHIYA ONISHI

 

主催者の北川は、一カ月前に自宅でハイサイド(?)を食らい、足の小指の根元を骨折しておりギブスをしている状態のため、新庄雅浩が代役で参戦。A耐久には1号車には、津田拓也と渡辺一樹が、2号車には、村瀬健琉と新庄がエントリー。エンジョイ耐久、B耐久では基準タイムより速く走ると、アトラクションペナルティがあり、ワイワイと楽しみながら周回。チェッカー10分前に、北川がギプスを外しサプライズ参戦しチェッカーライダーを務めていた。

 

©TOSHIYA ONISHI

 

長尾健吾 長尾健史、渥美心、津田一磨、平野ルナ、中村竜也、佐野優人、佐野勝人、中山愛理、関野海斗なども参戦し、耐久レースを楽しんでいた。

 

 

レース終了後は、各クラス表彰式が行われ、全チームに必ず当たる過去最高の豪華景品抽選会とジャンケン大会が行われ最後まで盛り上がるイベントとなっていた。

 

なおBS12 tv.moto Channelでも12月31日(土)21:30よりレースの模様が放映される予定となっている。

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2023 MFJ. All rights reserved.