Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】中須賀克行がレースを配下に置き22連勝!

第8戦MFJグランプリ JSB1000レース2レポート

 

News 2022.11.07

 

表彰台(左から 渡辺一樹/中須賀克行/清成龍一)

 

レースウイークを通じて好天に恵まれた2022年のMFJグランプリ。JSB1000クラスは、史上初めて3レース制で行われた。レース2は、日曜日のお昼に開催。周回数は12周と短めに設定された。グリッドは、レース1のベストラップ順となり、ポールポジションは中須賀克行、2番手に渡辺一樹、3番手に清成龍一というフロントロウ。セカンドロウに亀井雄大、岡本裕生、岩田悟が並んだ。

 

スターティンググリッド

 

ホールショットは、清成が決め、中須賀、3列目から好スタートを決めた榎戸育寛、作本輝介、渡辺、岩田、秋吉耕佑、岡本と続いていく。清成は、そのままオープニングラップを制し、2周目に入っていく。中須賀が2番手につけ、渡辺は、2周目に作本と榎戸をかわし3番手に浮上する。序盤は5台がトップグループを形成していたが、200Rシケインで榎戸が痛恨の転倒。そのままリタイアとなってしまう。

 

レーススタート

 

清成は、トップをキープするが、4周目のスプーンカーブ立ち上がりでリアがスライドし、やや加速が鈍ると、バックストレートで中須賀が前に出ていく。トップに立った中須賀は、ここからペースアップ。中須賀を追いたい渡辺だったが、清成をなかなかかわすことができない。その間に、中須賀は2番手を引き離し、独走態勢に入っていく。

 

バトル

 

渡辺は、6周目に130Rで清成をかわし2番手に浮上。続くシケインで作本も清成をかわし3番手に上がる。渡辺は、ペースを上げるものの中須賀は、さらに速いペースで周回しており単独2番手となっていく。一方、3番手争いは、作本、清成、岡本、亀井の4台が繰り広げる。負傷明けとなる岡本は積極的な走りを見せ、8周目には1コーナーで清成を、デグナーカーブ進入で作本をかわし3番手に浮上。清成もスプーンカーブ進入で作本をかわしてポジションを上げる。

 

岡本は、ペースを上げるが、清成も自己ベストを更新して岡本を逃さない。そしてラスト2周となった11周目の1コーナーで岡本が転倒し、戦戦を離脱してしまう。トップを走る中須賀は、安定した速さを見せ独走でチェッカー。連勝記録を22に伸ばす結果となった。悔しい2位となった渡辺、3位に清成とレース1と同じ面々となった。4位に亀井、5位に作本、6位に岩田、7位に濱原、8位に秋吉、9位に関口太郎、10位に生形秀之と続いた。

 

【motoバトルLIVE】 〜 公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【INFO・公式結果 ページ】

第8戦 MFJグランプリ鈴鹿 – 【INFO・公式結果 ページ】

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.