Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】荒川晃大がニューレコードでポールポジション!

第8戦 MFJグランプリ鈴鹿 ST600公式予選

 

News 2022.11.05

 

荒川晃大

 

ST600クラスの公式予選は、30分の1セッションで行われた。タイヤの本数制限もあり、短いタイミングでタイムアタックが集中する傾向のST600クラスの予選セッションだが、今回もセッション開始から一気にタイムを上げるライダーが続出。各ライダーは2周目から続々とベストタイムをマークし、モニターの上位が目まぐるしく入れ替わる。

 

それが落ち着いた頃、2分11秒台が並ぶ中、只一人2分10秒776と驚異の10秒台をマークしたのが荒川晃大。自身の持つレコードタイム11秒810を大きくブレイクした。2番手には長尾健吾が11秒226、3番手に小山知良が僅差の11秒253で続くことになった。その後、小山が11秒204へとタイムアップし2番手に浮上したが、最終的にポールポジションは荒川となった。3番手長尾、4番手に11秒467で國井勇輝、井手翔太が11秒624,鈴木光来が11秒848と続く。

 

荒川を18ポイント差で追う小山。タイトル争いはポールポジションと2番手の直接対決だが、荒川にはより有利な状況となった。決勝レースは11月6日(日)13時10分スタートの13周で争われる。

 

【motoバトルLIVE】 〜 公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【INFO・公式結果 ページ】

第8戦 MFJグランプリ鈴鹿 – 【INFO・公式結果 ページ】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.