Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】中須賀克行がポールtoウィンで11度目のチャンピオン決定!

第7戦 岡山国際サーキット JSB1000クラス決勝レース

 

News 2022.09.18

 

ポールポジションからスタートした中須賀克行

 

ホールショットを奪ったのは中須賀克行。4番グリッドスタートの作本輝介が絶妙なクラッチミートを披露して2番手に浮上すると、それに濱原颯道、榎戸育寛、亀井雄大と続く。

中須賀は序盤から後方を引き離す力走を披露。2周目終了時点でのトップ中須賀と2番手作本のタイムギャップは1秒025に。作本の後方では濱原と榎戸が3番手争いを展開。5番手に亀井、6番手に岩田悟、さらには秋吉耕佑、加賀山就臣、清成龍一と続く。

 

優勝した中須賀克行

 

9周目終了時点で中須賀と作本の間のタイムギャップは3秒534に広がる。その後も中須賀はコンスタントに1分31秒台を刻み続けながらトップを快走。レース後に「31秒台で走り続けて差を広げたかった」と振り返るように、終始作戦通りの走りをキープする。

 

後続に8秒7ものアドバンテージを築いた中須賀が堂々のポールtoウィン。最終戦を待たずして11度目のチャンピオンを獲得することとなった。 2番手を争った作本と榎戸だが、榎戸がファイナルラップで無念の転倒。これにより、作本に続く3位は濱原となった。

 

【motoバトルLIVE】 ~ 公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果ページ】2022シリーズ第7戦 スーパーバイクレース in 岡山

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.