Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

2位とわずか0.043秒差。高谷純平が熱戦を制した!

2022 MFJカップ JP250選手権 第5戦

 

News 2022.09.18

 

トップ争いを繰り広げる高谷純平と2番手を走る横江竜司

 

MFJカップ JP250の公式予選では上位8台がコースレコードを更新した。

ハイレベルなアタックが披露された末、1分48秒792をマークした横江竜司がポールポジションを獲得。アタック12周目に1分49秒598を記録した山根昇馬がナショナルクラスの最上位グリッドである4番グリッドからのスタートとなった。

 

レースは横江がホールショットを奪うが、すぐさま2番グリッドスタートの高谷純平がトップに。激しいバトルを繰り広げるその2台に中村龍之介、ナショナルクラスの野村唯人、山根を加えた5台が先頭集団を形成する。

 

レース終盤。山根が野村をオーバーテイクして4番手になると、さらに中村をもパスして3番手に浮上する。横江と高谷はファイナルラップで交互にトップに立つバトルを披露し、最終コーナーをほぼ同時に立ち上がると横並び状態でフィニッシュラインを通過。優勝は高谷。惜しくも2位となった横江とのタイムギャップはわずか0.043秒だった。3位は中村で、ここまでがインタークラス。ナショナルクラスは総合4位となった山根が負け無しの5連勝で、クラス2位は総合5位の野村。11位チェッカーを受けた豊原由拡がクラス3位に入った。

 

【motoバトルLIVE】 ~ 公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果ページ】2022シリーズ第7戦 スーパーバイクレース in 岡山

 

ナショナルクラスの優勝は山根昇馬ナショナルクラスの優勝は山根昇馬

 

総合優勝の高谷純平総合優勝の高谷純平

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.