Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】絶対王者・中須賀克行がポールポジション獲得!

第7戦 岡山国際サーキット JSB1000クラス公式予選

 

News 2022.09.17

 

ポールポジションの中須賀克行

 

ノックアウト方式の予選が採用されたJSB1000。Q1を終えてトップ10のライダーがQ2へと進み、 再びタイムアタックを行ってポールポジションを争うことになる。

 

Q1の序盤、榎戸育寛が1分31秒758と、この時点でのトップタイムをマークする。しかし、転倒したマシンがあったことにより赤旗中断。再開後、中須賀克行が1分30秒467をマークして榎戸を上回る。 中須賀に続くのは31秒333の榎戸、31秒493の亀井雄大、31秒685の作本輝介、31秒701の濱原颯道だ。

 

絶対王者・中須賀を含めたトップ10台によるQ2へ。

序盤でトップに立ったのは1分31秒485の濱原。 それに続くのは31秒808の作本、31秒829の岩田悟、32秒647の秋吉耕佑、32秒900の清成龍一というオーダーだ。

しかし、すぐに中須賀が1分30秒292のトップタイムをマーク。中須賀はさらに30秒124を記録して自己ベストを更新。今回も中須賀が持てる力を見せつけてポールポジションを獲得する公式予選となった。

 

【motoバトルLIVE】 〜 公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果ページ】2022シリーズ第7戦 スーパーバイクレース in 岡山

 

JSB1000予選2位榎戸育寛JSB1000予選2位榎戸育寛

 

JSB1000予選3位濱原颯道JSB1000予選3位濱原颯道

 

【予選後ポールポジションインタビュー/JSB1000・ST1000・ST600・J-GP3】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.