Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】尾野弘樹が上原大輝との一騎打ちを制して今季初優勝!

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO J-GP3

 

News 2022.06.06

 

レース開始直後

 

青空の好天のもと20周の決勝レーススタート!ホールショットは予選3番グリッドの尾野弘樹が奪う。木内尚汰、上原大輝と続いて1コーナーに進入する。3コーナーをコンパクトに立ち上がった木内が4コーナーで尾野のインを刺してトップに浮上、そのままオープニングラップを制する。しかしホームストレートで今度は尾野が木内をパス、トップを奪い返す。オープニングラップは、木内、尾野、上原、若松怜、高杉奈緒子、彌榮郡、小合真士、中嶋元気、徳留真紀、三谷然の上位10台。

 

尾野、走行シーン

 

トップグループは尾野、木内、上原、若松、高杉の5台。3周目の1コーナーで上原が木内をパスして2番手に浮上。しかし高須が遅れ始め、そこに小合、彌榮郡、徳留が追いつき4台のパックとなる。4周目の4コーナーで小合、彌榮郡の2台にかわされた高杉は7番手にポジションダウン。

 

上原走行シーン

 

尾野は5周目に1分34秒台に入れ、後続も続くが若松が遅れ始めて単独の4番手走行となる。ウィークを通して木内・上原に対して持ちタイムがなかった尾野は序盤から前に出ても引っ張れず、後続の台数が増えるので背略を悩んでいたが、スタートが決まったので序盤からペースを刻みトップグループの数を絞ることにした。その作戦が功を奏することになる。6周目の4コーナー、木内がまさかの転倒、戦線から離脱する。これでトップ争いは尾野と上原の一騎打ちとなる。

 

セカンドグループの4台は小合、彌榮郡、高杉、徳留。小合と彌榮郡は接近戦を繰り返す。ここで高須が遅れ始めて前の2台との間隔が空いてくる。高杉を早く高杉をパスしたい徳留は6周目にパスすると前の2台を追うが既に約1秒の間隔が空いていた。

 

若松の走行シーン

 

尾野、ガッツポーズを決める

 

尾野と上原のトップ争い。尾野と上原は1分35秒台前半のラップを刻む。上原はなんとか尾野を攻略したいが引き出しの多い尾野はおいそれとは抜かさせない。迎えたファイナルラップ、なんとここで上原にマシントラブルが発生、馬の背からバックストレートでスリップに入る予定が逆に離されてしまい万事休す。序盤にトップに立ちトップグループの台数を絞った尾野が今季初優勝を飾る。2位には悔しい上原。単独走行を続けていた若松が全日本初表彰台を獲得。

 

彌榮郡と小合が順位を入れ替えながら展開していたセカンドグループに徳留が追いついてきた。3台のパックとなり、14周目のバックストレートで一気に2台をパス、4番手に浮上する。しかし、ファイナルラップに彌榮郡が徳留をかわして4番手争いを制した。5位に徳留、6位高杉、7位江澤伸哉、8位三谷然、9位高杉、10位大和 颯の上位10台であった。

 

表彰台

 

第4戦 スーパーバイクレース in SUGOはアーカイブでもご覧いただけます

 

motoバトル

 

【INFO・公式結果 ページ】

 

【INFO・公式結果 ページ】第4戦 スーパーバイクレース in SUGO

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.