Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 オートポリス 8/27-28 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】まだまだ続く連勝街道。中須賀はついに18連勝!

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO JSB1000 レース2

 

News 2022.06.05

 

中須賀と岡本

 

ST1000決勝で発生した転倒の影響を受け、RACE2は25周から20周に減算された。前日5日(土)の公式予選の結果、2ndラップタイムでトップの亀井雄大がRACE2のポールポジションを獲得。レースは2番グリッドスタートの中須賀克行がホールショットを奪い、亀井が2番手で中須賀を追う。3番手は渡辺一樹。それに岡本裕生、作本輝介と続く。濱原颯道が2コーナーで転倒、リタイアとなる。

 

岡本が3番手に浮上。中須賀は序盤では昨日のRACE1のような大きなリードを築けない。5周目を迎えるころ、6番手を争う榎戸育寛と名越哲平のバトルも白熱。岡本は亀井をパスして2番手へジャンプアップ。RACE1を再現したように、中須賀の背中を追う展開になる。5番手を走る渡辺は徐々に先頭集団から離れはじめ、トップ争いは中須賀、岡本、亀井、作本の4人に絞られる。

 

2番手を走っていた岡本だったが、コントロールミスから4番手に順位を下げる。ここまでかに思われた岡本だが、その後、作本をパスして3番手へ。残り4周、岡本が亀井をオーバーテイクすると、さらにペースを上げ、中須賀のテールをとらえる。中須賀と岡本の2台はテールtoノーズの状態でファイナルラップへ。岡本は今一歩まで絶対王者の中須賀を攻めるも、中須賀が逃げ切り、昨シーズンから18連勝。作本とのバトルを制した亀井はプライベーターながら3位表彰台に立つこととなった。

 

第4戦 スーパーバイクレース in SUGOは【motoバトルLIVE】でお見逃しなく!

 

motoバトル

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO〜いつでもどこでもオンデマンドライブ配信【motoバトルLIVE】

【ON AIR SCHEDULE】

2022-06-04 08:20:00 【土曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

2022-06-05 10:15:00 【日曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

 

【INFO・公式結果 ページ】

 

【INFO・公式結果 ページ】第4戦 スーパーバイクレース in SUGO

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.