Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】レース1は小山知良が波乱の熱戦を制してウィナーに!

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO ST600レース1

 

News 2022.06.04

 

ST600決勝レース1記者会見

 

荒川晃大がポールポジションからスタート。だが、ホールショットを奪ったのは横山尚太だった。横山を荒川、羽田太河、小山知良、伊達悠太が追う展開になる。荒川は冷静に横山をオーバーテイク。荒川がトップでオープニングラップを終えることになる。

 

その荒川を追うのは羽田。その2台は3番手の小山を徐々に引き離しはじめる。レースが7周目を過ぎると羽田は荒川をパスしてトップに。横山、鈴木光来が4番手の座を争ってバトルを繰り広げると、次第に小山は単独3番手に。レースはいったんは落ち着いた展開となる。

 

しかし、見どころはここからだった。トップの羽田、2番手の荒川に対して後半でじわじわと差を詰めた小山が12周目についに羽田をパス。そのまま3台がトップ集団となり、最後までデッドヒートを繰り広げる。小山はトップのままラップを刻んでいき、19周目に羽田がわずかに小山をパスしたかに見えたが、すぐに小山が再逆転。羽田の猛プッシュを抑え込んだ小山がトップチェッカー。後半にかけてのタイヤの温存、レース運びともにコヤマックスことベテランの小山の経験が際立つレースとなった。

 

レース2は、5日(日)15時15分スタート、20周で争われる。【motoバトルLIVE】でお見逃しなく!

 

motoバトル

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO〜いつでもどこでもオンデマンドライブ配信【motoバトルLIVE】

【ON AIR SCHEDULE】

2022-06-04 08:20:00 【土曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

2022-06-05 10:15:00 【日曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

 

【INFO・公式結果 ページ】

 

【INFO・公式結果 ページ】第4戦 スーパーバイクレース in SUGO

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.