Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 オートポリス 8/27-28 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】まさに完勝! 中須賀克行がレース1を制して連勝を継続!!

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO JSB1000レース1

 

News 2022.06.04

 

レース1で独走優勝の中須賀克行

 

レース1は中須賀克行がポールポジションからスタート。そのままホールショットを奪う。続いて渡辺一樹が2番手、作本輝介が3番手につけてトップ中須賀を追う。だが、やはり圧巻だったのが今シーズン6連勝中の中須賀だった。中須賀は序盤からアグレッシブな走りを披露してトップに浮上すると、2番手以下をぐんぐん引き離しにかかる。

 

2番手争いは渡辺を先頭に、岡本裕生、亀井雄大、作本でのバトルに。2番手争いが混沌とする中、5周目の3コーナー立ち上がりでそれまで3番手を走っていた亀井が無念の転倒。このカテゴリーのシーズン第8戦目(レース2)のポールシッターでもある亀井にとって残念な展開になった。その後方では濱原颯道、岩田悟、名越哲平の3台による5番手争いが繰り広げられる。2番手争いでは岡本、作本がそれぞれ前を走っていた渡辺をオーバーテイク。岡本が2番手、作本が3番手と1つずつ順位を上げる。

 

トップの中須賀は変わらず、レース中盤で2番手の渡辺に6秒ものタイムギャップを築く独走態勢に。注目を集める若手ライダーの岡本は2番手を走り、同じヤマハファクトリーの中須賀を追うが、その差はやはりあまりにも大きい。レースはそのまま中須賀が勝利。2位は岡本となり、ヤマハが見事1、2フィニッシュを飾った。3位表彰台はルーキーの作本となった。

 

 

レース2は5日(日)13時55分スタート、25周で争われる。【motoバトルLIVE】でお見逃しなく!

 

motoバトル

第4戦 スーパーバイクレース in SUGO〜いつでもどこでもオンデマンドライブ配信【motoバトルLIVE】

【ON AIR SCHEDULE】

2022-06-04 08:20:00 【土曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

2022-06-05 10:15:00 【日曜日】第4戦 スーパーバイクレースinSUGO

 

【INFO・公式結果 ページ】

 

【INFO・公式結果 ページ】第4戦 スーパーバイクレース in SUGO

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.