Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】中須賀克行がレースを支配し16連勝!

第3戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022 JSB1000クラス決勝レース2

 

News 2022.05.22

 

表彰台で称え合う3人

 

さわやかな快晴のもとレース2が行われた。ホールショットを奪ったのは、ポールポジションスタートの亀井雄大。これに3列目7番手グリッドから好スタートを切った榎戸育寛がアウトから2番手に上がり、中須賀克行、岡本裕生、岩田悟、渡辺一樹、國峰啄磨、名越哲平と続いていく。中須賀は、下りの右50Rで2番手に上がると亀井のテールをマーク。しかし亀井も「タイヤマネジメントも考えずに、とにかく全力で走ろうと思った」とレース後に語るように、トップのままホームストレートに戻ってくる。オープニングラップは亀井が制し、中須賀、榎戸、岡本、渡辺、國峰、名越、作本輝介、濱原颯道、岩田、柳川明、関口太郎と続いていた。

 

レーススタート後トップを行く#6亀井雄大

 

2周目の1コーナーでは、岡本が榎戸を、名越を作本がかわしポジションを上げる。渡辺も榎戸をかわし4番手に上がると、岡本を追っていく。トップを走る亀井と、それを追う中須賀、やや間隔をあけて岡本と渡辺が続いていた。その後方には、作本が5番手に上がり単独走行となり、國峰と名越が6番手争いを繰り広げていた。

 

レースは後半ヤマハの1ー2バトルとなる

 

全開走行を続けトップをキープしていた亀井だったが、さすがにペースが落ちてくる。中須賀の背後からは、岡本と渡辺が迫ると、9周目の1コーナーでは、岡本が亀井と中須賀の2台のスリップストリームから抜け出すとブレーキングで一気にトップに上がる。中須賀も下りの50Rで亀井をかわし、ヤマハファクトリーが1-2体制。岡本が前に出るとペースが一気に上がり、チームメイト同士のトップ争いとなっていく。亀井のペースが上がらないと見た渡辺は、10周目の右50Rで前に出ていくが、亀井もすかさず抜き返す。

 

#15渡辺一樹と亀井雄大の3位争い

 

トップを走り健闘していた岡本だったが、11周目の第1ヘアピンでややはらんでしまう。これを見逃さなかった中須賀がインから前に出ていく。そして最後のスパートに入ると、ジリジリと岡本との差を開いていき、そのままゴール。連勝記録を16に伸ばした。2位に岡本が2秒072差で続いている。

 

開幕6連勝の中須賀克行

 

3位争いは、最終ラップの1コーナーで渡辺が亀井をかわし決着。渡辺が3位に入り、亀井が4位でゴールした。5位は単独走行となっていた作本。6位に名越、7位に國峰、8位に濱原、9位に岩田、10位に榎戸、11位に関口太郎、12位に児玉勇太、13位に柳川明、14位に津田一磨、15位に黒木玲徳の順でチェッカーフラッグを受けている。

 

中須賀克行

 

表彰台

 

【決勝レース2終了後インタビュー】

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

第3戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022〜【motoバトルLIVE】

ライブを見られなかった方はオンデマンドで!

motoバトル

MFJ全日本ロードレース選手権 Rd.3 オートポリス 決勝レース2

 

【INFO・公式結果 ページ】
https://www.superbike.jp/post-news/news-13311.html

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.