Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】亀井雄大が見事な戦略でJSB初、Wポールポジション!

第3戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022 JSB1000クラス公式予選

 

News 2022.05.21

 

全日本初ポールポジションの亀井雄大

 

前夜の雨が路面に残り、ウエットコンディションとなった21日(土)。朝一番の8時40分から40分の1セッションで始まった公式予選。開始時は全車レインタイヤでのアタックとなった。時間と周回が進むセッションの終盤にかけて状況が好転すれば…、という思惑の中、濱原颯道、渡辺一樹、中須賀克行、亀井雄大らが2分00秒台で順位を入替えながらセッションを進めていく。中盤頃に中須賀が1分59秒台をマークし、2分を切ってトップに立つ。

 

序盤の途中、小雨の降る場面もあったが残り15分、セッションの終盤からは、上位陣はタイムを上げてくる展開に。中須賀が終盤のアタックで59秒487とトップをキープすれば、開始早々の転倒でTカーに乗り換えていた岡本裕生も59秒490とタイムを上げ、一気に中須賀に肉薄する2番手、3番手には59秒2で渡辺、濱原も59秒台に入れてくる。そして中須賀は手を緩めることなく、57秒884と圧倒的なタイムをマークした。

 

しかし残り4分、ピットインからコースに復帰した亀井が装着していたのはスリックタイヤ。残り時間で勝負に出た形だが、アウトラップを終えて58秒2と一気に2番手にジャンプアップすると、そのままアタックを継続、56秒813で逆転トップ浮上!さらにラストアタックで55秒665をマーク。ギリギリ、しかし絶妙なタイミングでのチャレンジが成功し、見事なJSBクラス初ポールポジションで、レース1,レース2のWポールを決めたのだった。

 

レース1は、本日21日(土)13時50分スタート、15周で争われる。【motoバトルLIVE】でお見逃しなく!

 

第3戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022〜いつでもどこでもオンデマンドライブ配信【motoバトルLIVE】

motoバトル

【ON AIR SCHEDULE】

2022-05-21 13:15:00 【レース1】MFJ全日本ロードレース選手権 Rd.3 オートポリス 決勝レース1

2022-05-22 10:00:00 【レース2】MFJ全日本ロードレース選手権 Rd.3 オートポリス 決勝レース2

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果 ページ】第3戦 AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2022

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.