Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 オートポリス2&4 5/21-22 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】中須賀克行が決勝レースWポールポジション!

第2戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース JSB1000クラス公式予選

 

News 2022.04.23

 

ポールポジションの中須賀克行

 

曇り空となった23日(土)。朝一番の8時15分から15分のインターバルを挟んでA Gr.、B Gr.各30分で1セッションの公式予選が始まった。A Gr.では、中須賀克行が序盤から2分5秒906をマークしてトップに立つと、渡辺一樹が6秒307で2番手に付ける。岩田悟が7秒291,日浦大治朗が7秒294とここからは7秒台、8秒台が続いていく。セッションの後半に入ると中須賀は一気に4秒907と4秒台に入れてトップをキープ。渡辺も6秒060までタイムアップするがここまで。

 

続くB Gr.では、亀井雄大がセッション序盤から2分6秒651でトップタイム。濱原颯道、作本輝介らが7秒台で続き、岡本裕生が7秒288で2番手に浮上。終盤、濱原が6秒801で2番手に浮上、岡本も7秒191まで上げるが順位は変わらず、亀井、濱原、岡本、作本の順となった。

 

この結果、レース1、レース2のWポールポジションとなったのは中須賀だった。2番手は渡辺、3番手に亀井。 レース1は、鈴鹿8耐トライアウト勢も含めたフルグリッド44台で、この後14時05分から14周で争われる。

 

第2戦鈴鹿2&4レース〜いつでもどこでもライブ配信【ライブ放映予定】
motoバトル

 

【ON AIR SCHEDULE】

2022-04-23 13:44:00 第2戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4 決勝レース1

2022-04-24 12:14:00 第2戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4 決勝レース2

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果 ページ】第2戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.