Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】最終ラップに逆転で木内尚汰が全日本初優勝を飾る

第1戦モビリティリゾートもてぎ J-GP3クラス決勝レース

 

News 2022.04.04

 

#1尾野弘樹と#7木内尚汰の激しいトップ争い
#1尾野弘樹と#7木内尚汰の激しいトップ争い

 

2022年シーズン最初の公式レースがJ~GP3クラスで開催された。前日からの寒さが残る曇り空のもと、10時20分に18周のレースがスタート! ホールショットは尾野弘樹が奪い、木内尚汰、高杉奈緒子と続いて1コーナーに進入する。大和颯が高杉をかわして3番手でS字コーナーを通過する。S字立ち上がりでは木内が尾野に仕掛け、今後の一騎打ちを予感させる。オープニングラップは尾野が制し、木内、大和颯、高杉、彌榮郡、若松怜、上江洲葵要、上原大輝、小合真士、八尋春葵の上位10台。

 

レーススタート

 

尾野と木内のトップ2台が抜け出し、3番手以下を引き離し5周目には3.98秒にまで差を広げる。その後方では大和、高杉、彌榮、若松、上江洲、上原、小合の7台がワンパックとなる3番手争いを展開。この中から彌榮と大和が抜け出して3番手争いを展開する。しかし7周目の4コーナーで大和が転倒、戦線から離脱する。これで単独3番手になった彌榮を上原と高杉が追う。10周目、彌榮の1秒2後方に上原と高杉、さらにその後方1秒3に若松、徳留、山本航、上江洲、森俊也、小合、武中駿の7台による大きなパックができ上がる。徳留はエンジン交換を行い、時間外の嘆願書を提出。スターティンググリッド最後尾からのスタートとなっていたが10周目には7番手にまで順位を上げてきた。

 

大集団の3位争い
大集団の3位争い

 

トップの尾野と木内はタイヤが触れ合わんばかりの激しいデッドヒートを展開。木内が隙あらばとコーナーで鼻先を尾野のインにねじ込むが尾野は巧みにブロック。テールtoノーズのバトルを延々15周以上も続ける。15周目のダウンヒルストレートから90度コーナーへの進入で木内が尾野をパス、このレースで初めてトップに踊り出る。しかしすぐさま尾野が抜き返し3コーナーをトップで立ち上がる。その後も木内は背後から尾野にプレッシャーを与え続けてファイナルラップを迎える。

 

嬉しい全日本初優勝の木内尚汰
嬉しい全日本初優勝の木内尚汰

 

3コーナー立ち上がりで尾野のリアタイヤが左右にスライドしたのを逃さず木内が襲いかかるが尾野はキッチリとブロック、順位は変わらず。最後の勝負どころ90度コーナに向かうヘアピン立ち上がりでスリップに入った木内がダウンヒルストレートから抜け出してパッシング、そのままチェッカー!  全日本初優勝を飾る。尾野は悔しい2位。

 

表彰台

 

3位争いは上原が制してJ-GP3クラス初レースで表彰台獲得。4位に彌榮、5位高杉、6位徳留、7位森、8位武中、9位若松、10位山本の上位10台であった。

 

第1戦もてぎ〜いつでもどこでもライブ配信【アーカイブ】

 

motoバトル

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果 ページ】第1戦 スーパーバイクレース in もてぎ

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから → MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.