Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 MFJGP 鈴鹿 11/5-6 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】中須賀克行が決勝レース1ポールポジション!

第1戦 モビリティリゾートもてぎ JSB1000クラス公式予選

 

News 2022.04.02

 

中須賀克行

 

早くも土曜日の午後2時25分スタートで決勝レース1が予定されているJSB1000クラス。木曜から練習走行が始まり、金曜までは中須賀克行がいずれもトップタイム、2番手に渡辺一樹とこの2台が抜きん出ていたが…。公式予選でもセッション序盤から中須賀が1分49秒台に突入。渡辺と岡本裕生も49秒台でそれに続く。 濱原颯道、作本輝介らが50秒台だ。

 

中須賀克行の走り

 

中須賀はその手を緩めること無くタイムを削り取り、中盤には47秒964をマークするが、渡辺も48秒183と肉薄、さらには濱原も48秒708をマークする速さを見せ、俄然ヒートアップ。セッション終盤のアタックでも中須賀と渡辺のタイム争いは激しくなり、渡辺が区間タイム最速から47秒940とトップを奪う。しかし、チェッカー周までアタックを続けていた中須賀が47秒777まで更新してポールポジションを決めた。

 

3番手は濱原でフロントロウをキープ。4番手には亀井雄大が48秒775まで上げて入り、5番手に49秒005で岡本裕生、6番手には作本輝介が49秒519で入った。7番手に岩田悟が49秒560、8番手に津田一磨が49秒972で続き、ここまでが49秒台となった。

 

この順位で争われる決勝レース1は、このあと14時25分から15周の予定でスタートする。

 

第1戦もてぎ〜いつでもどこでもライブ配信【ライブ放映予定】

 

motoバトル

 

【ON AIR SCHEDULE】

2022-04-02 08:49:00 第1戦 スーパーバイクレース in もてぎ

2022-04-03 09:54:00 第1戦 スーパーバイクレース in もてぎ

 

【INFO・公式結果 ページ】

【INFO・公式結果 ページ】第1戦 スーパーバイクレース in もてぎ

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.