Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

motoバトルLIVEmotoバトルLIVE

Next RaceNext Race

  • 2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 スポーツランドSUGO 6/4-5 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    motoバトルLIVE
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

阿部真生騎がエースになり全日本ST600にフル参戦!

ウェビック チームノリック ヤマハ 2022年チーム体制

 

News 2022.03.15

 

 

ウェビック チームノリック ヤマハ 2022年チーム体制発表会が3月14日(月)に株式会社リバークレイン横浜事業所で開催された。

 

2022年シーズンは、阿部真生騎がエースライダーに昇格し、全日本ロードレース選手権ST600クラスにフルエントリー。さらにオートポリス2&4、鈴鹿2&4にもスポット参戦。JSB1000クラスにもチャレンジする。

 

「普段トレーニングしていることを生かしていくことと、1000ccに乗ったことをプラスにして、まずは表彰台に上がりたいですね。1000ccは、電子制御、スリックタイヤと初めて経験することもありましたが、徐々に慣れて来たので、転ばないように他の選手の走りを見て学ぼうと思っています。ST600があくまでもメインなので、シリーズチャンピオンを目指して精一杯走ります」と真生騎。

 

 

チーム6年目となる青田魁は、昨年よりST600クラスにステップアップ。国際に上がる資格はあったが、もう一年、国内にとどまり、筑波、もてぎに加え、SUGO、鈴鹿の地方選手権にも参戦する。

 

「今シーズンもウェビック チームノリック ヤマハで走らせていただけることを感謝いたします。昨年からST600に乗り始め、筑波の最終戦では59秒台をマークでき、2位に入り上り調子でしたが、2月の練習で転倒し右手甲を骨折。筑波の開幕戦は出場することができませんでした。もてロー開幕戦から復帰できるので、まずは表彰台に上がれるように頑張ります」と16歳の青田。

 

チームを率いる阿部光雄監督は「2人ともレース経験が浅く、まだまだ未熟ですが、伸びしろは無限大です。弱小チームですが、ウェビックを始め、応援していただいてる皆さんのおかげで今シーズンもスタートが切れます。チームスタッフ一同、力を合わせてチャンピオンを目指します!」と持ち前の穏やかな口調で語った。

 

そしてチームを強力にバックアップし13年目となる株式会社リバークレイン信濃孝喜代表取締役社長は「2010年から応援し始め、12年が経ちました。阿部光雄監督の情熱に動かされ、若いライダーが育ち、実ってきました。野左根航汰選手、岡本裕生選手、ケミン・クボ選手など一線で活躍していることは、阿部監督の指導が正しかった証明だと思います。今年走る2人も可能性のある若いライダーなので、世界に羽ばたいていって欲しいですね」とコメント。

 

さらにウェビックとして全日本ロードレース選手権を盛り上げたいと、YouTubeでライブ配信しているモトバトルをサポート。ウェビックが得意としているユーザー参加型のデジタルコンテンツを展開していく予定だと言う。

 

会場には、真生騎の父、ノリックがライディングしたYAMAHA YZR-M1も一緒に並べられていた。まだバイクに乗り始めてわずか4年3カ月の真生騎が、さらに成長した姿を2022年シーズンの全日本ロードレースで見せてくれそうだ。

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2022 MFJ. All rights reserved.