Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】尾野弘樹が独走優勝! 大逆転でチャンピオンに輝く!!

第7戦オートポリス J-GP3クラス 決勝レースレポート

 

News 2021.09.19

 

 

ポイントリーダー小室旭とランキング2番手の尾野弘樹とのタイトル決定戦となったシリーズ最終戦。尾野にとっては優勝が必須条件で、尾野が優勝しても小室は3位に入ればチャンピオン獲得となる。

 

 

15周の決勝レースは、ポールシッター尾野のホールショットで始まり、予選2番手の高杉奈緒子、予選3番手の小室の順で1コーナーに進入していく。オープニングラップは尾野、高杉、小室、細谷翼、田中風如、徳留真紀、森俊也らが長い列を作る。そして2周目に入ったメインストレートで高杉が尾野の前に出るが、1コーナーでは尾野が前に出る。

 

3周目、トップの尾野がラップタイムを1分57秒台に上げる。2番手の高杉以下のラップタイムは1分58秒台で、ここで一気にタイム差が約1秒に広がった。

 

その後、尾野はラップタイムを1分58秒台に戻すが、5周目以降は後続よりも早いタイムを刻み続け、7周目に2番手の高杉に2秒2の大差をつけると、その後も着実にタイム差を広げていった。

 

 

チャンピオン争いをする小室は、3周目まで高杉の背後につけるが、4周目からラップタイムが1分58秒台後半へと落ちてしまう。すると8周目には細谷、徳留、木内尚汰が小室の背後に迫る。

 

10周目に細谷が4番手に上がり、徳留、木内が続く。そして11周目に細谷は小室をパスして3番手に浮上。その小室は12周目に徳留にも抜かれて4番手にポジションダウン。尾野が快調にトップを独走しており、小室がこの順位だとチャンピオンは尾野のものになる。

 

13周目、高杉のラップタイムが落ちて2番手から4番手にポジションダウン。さらに高杉は14周目には6位となってしまう。この14周目、2番手グループは細谷を先頭に0.074秒差で徳留、徳留の0.551秒差に小室、そしてその0秒262差で木内、さらに0秒474差で高杉が続く。

 

 

迎えたファイナルラップ。尾野が独走で今季4勝目のチェッカーを受ける。これで小室がチャンピオンを獲るためには3位でのゴールが必須となった。そして最終コーナーを立ち上がって真っ先にメインストレートに姿を見せたのが徳留で、細谷、小室の順。この後、小室は懸命に直前の細谷を追うが、徳留、細谷の順でチェッカーを受け、小室は3位の細谷に僅か0秒008及ばずに4位。

 

 

この結果、尾野と小室はチャンピオンシップで同ポイントとなったが、優勝回数で尾野が小室を上回り、尾野のチャンピオンが決定。尾野は独走でチャンピオンを決め、小室は0.008秒差でチャンピオンを逃す結果となった。

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.