Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】中須賀克行が史上初の最高峰クラス全戦優勝!

第7戦 オートポリス JSB1000クラス レース2

 

News 2021.09.19

 

中須賀克行走り今回も独走優勝を飾り、全勝を飾ることとなった中須賀克行

 

この日、そして今シーズン最後のレースとなったJSB1000クラスのレース2。ポールポジションスタートの中須賀克行が良いクラッチミートを披露してホールショットを奪う。それに続くのは2番グリッドスタートの名越哲平。4番グリッドスタートの加賀山就臣が3番グリッドスタートの濱原颯道をパスする。中須賀、名越は単独トップ、単独2番手に。3番手を争う加賀山と濱原に亀井雄大が加わる。加賀山をパスした濱原と亀井も単独3番手、単独4番手に。その間も中須賀は安定した走行を続ける。

 

名越哲平、濱原颯道、亀井雄大のバトル名越哲平、濱原颯道、亀井雄大の2番手争い

 

濱原が徐々に2番手を走る名越に接近。テールtoノーズのバトルとなったその2台の背後に亀井も迫る。11周目に濱原が名越の前に。しかし、名越が再び2番手になると、名越は濱原に若干リードを築く。名越、濱原、亀井は等間隔での走行に。終盤になると、その3台が接近するが、順位は変わらず、2位名越、3位濱原、4位亀井のオーダーでチェッカー。アドバンテージを広げ続けた中須賀がレース1に続いてダブルウィン。最高峰クラスで前人未到の全戦優勝を達成した。

 

表彰写真優勝:中須賀克行、2位:名越哲平、3位:濱原颯道

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.