Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】岡本裕生がウイナー! 渡辺一馬がチャンピオンに!!

第7戦 オートポリス ST1000クラス決勝レース

 

News 2021.09.19

 

バトル

 

ポールポジションスタートの渡辺一馬が良いクラッチミートを披露するが、ホールショットを奪ったのは2番グリッドスタートの岡本裕生。その岡本がオープニングラップから後続を引き離しにかかる。岡本、渡辺一馬、作本輝介のオーダーでオープニングラップを終了すると、渡辺一馬と作本が激しい2番手争いを展開。渡辺一馬をパスした作本は次第にトップを走る岡本に接近していく。

 

南本宗一郎が岩戸亮介をパスして4番手に。星野知也が豊島怜をパスして6番手に浮上する。6周目に作本が岡本をパスしてトップに。次のラップでは岡本がトップに返り咲く。南本が8周目に渡辺一馬をパスして3番手に。その間も岡本と作本のトップワンツーはバトルを続けながら南本以降を引き離し続ける。南本と渡辺一馬はテールtoノーズの状態で3番手争いを展開。岩戸と星野も5番手争いを披露する。

シリーズチャンピオンを決めた渡辺一馬

 

ファイナルラップのメインストレートで作本が岡本をパスしてトップに。しかし、作本を抜き返した岡本が今季初優勝。作本が2位。3位は南本だった。渡辺一馬が4位チェッカーを受け、チームメイト同士によるチャンピオン争いを制する結果となった。

 

バトル作本輝介とのバトルを制して今シーズン初優勝を飾った岡本裕生

 

●●●●●●優勝:岡本裕生、2位:作本輝介、3位:南本宗一郎

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.