Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】優勝は小山知良。埜口遥希が初タイトル!!

第7戦 オートポリス ST600クラス決勝レース

 

News 2021.09.19

 

チャンピオン埜口遥希2021年ST600クラスチャンピオンに輝いた埜口遥希

 

ポールポジションスタートの長尾健吾が良いクラッチミートを披露してホールショットを奪う。その長尾、6番グリッドスタートの小山知良、4番グリッドスタートの埜口遥希のオーダーでオープニングラップを終了。小山が長尾をパスしてトップに。5番グリッドスタートの荒川晃大が埜口をパスし、長尾に続く3番手に浮上する。長尾が小山をパスして再びトップに。その後も長尾、小山、荒川の3台がトップ争いを展開する。

 

その後方では埜口、阿部恵斗、芳賀涼大、横山尚太が4位争いを披露。その4台がグループに加わり、トップ集団は7台での争いに。周回ごとに激しく順位を入れ替えるバトルを展開する。7周目に芳賀涼大が転倒。9周目に荒川も転倒する。これにより、小山が単独トップに。埜口、阿部、長尾が2位グループとなる。長尾が阿部をパス。長尾は埜口の横に並ぶが、12周目の1コーナーで転倒する。

 

2番手は埜口と阿部の一騎打ちに。独走状態の小山に続き、埜口、阿部のオーダーでファイナルラップへ突入すると、小山が今季3勝目。埜口をパスした阿部が2位。埜口が3位に。このカテゴリー2年目の埜口がタイトルを獲得することとなった。

 

スタート???

 

●●●●●●優勝:小山知良、2位:阿部恵斗、3位:埜口遥希

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.