Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】尾野弘樹が優勝を飾り、逆転チャンピオン!

第7戦 オートポリス J-GP3クラス決勝レース

 

News 2021.09.19

 

●●●●●●第5戦MFJグランプリ、第6戦岡山国際に続き、今回も尾野弘樹が圧勝

 

ウェット路面での公式予選と打って変わり、ドライ路面となった決勝日。最初に行われたJ-GP3の決勝レースではポールポジションスタートの尾野弘樹がホールショットをゲット。それに高杉奈緒子、小室旭とグリッドのオーダー通りに続く。2周目のメインストレートで高杉が尾野の前に。しかし、すぐに尾野がトップに返り咲くと、尾野は高杉以降を引き離しにかかる。

 

高杉、小室も単独2番手、単独3番手に。小室の後方では細谷翼と徳留真紀がテールtoノーズの状態で4番手の座を争う。徳留の背後に木内尚汰が接近。4番手グループは3台での争いとなる。9周目のメインストレートで木内が徳留と細谷を立て続けにパスして4番手に浮上。その3台はその後も抜きつ抜かれつのバトルを展開する。

 

次第に4番手グループが小室に接近。その中からまず細谷が小室をパス。細谷はさらに高杉にも接近していく。13周目に細谷と徳留が高杉をパスすると、その2台が若干集団を抜け出す。小室は14周目に高杉をパスして4番手に。終始リードを広げ続けた尾野がトップチェッカー。それに徳留、細谷、小室と続いた。尾野と小室は同ポイントとなったが、優勝回数が多い尾野の逆転チャンピオンが決まった。

 

●●●●●●優勝:尾野弘樹、2位:徳留真紀、3位:細谷翼

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.