Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

篠崎佐助(INT)が今季5勝目! NATは豊原由拡が初優勝!

2021MFJカップ JP250選手権 第6戦オートポリス 決勝レースレポート

 

News 2021.09.18

 

●●●
トップ争いは中村龍之介と篠崎佐助の一騎打ちに

 

ウエット路面での公式予選でポールポジションを獲得したのはすでにINT(インター)クラスのチャンピオンを決めている篠崎佐助。2番グリッドに中村龍之介(INT)、3番グリッドに桐石世奈(INT)と続く。

 

絶妙なクラッチミートを披露した篠崎がトップに。その篠崎がオープニングラップから早くも後続を引き離しにかかる。篠崎、中村、NAT(ナショナル)クラスの南博之のオーダーでオープニングラップを終了。鈴木悠大、梶山采千夏、豊原由拡、笠井杏樹というNAT勢に石井千優(INT)を加えた5台が3位争いを展開する。

 

●●●
女性ライダーの梶山采千夏、笠井杏樹、石井千優をはじめとする5台が激しく3位の座を争う

 

4周目のメインストレートで中村が篠崎をパスするが、すぐに篠崎が前に。その2台はその後もコーナーごとに順位を入れ替えるバトルを展開。篠崎、中村のオーダーでファイナルラップに突入すると、篠崎がトップチェッカー。NATは豊原、梶山のオーダーでチェッカーを受け、梶山が逆転チャンピオンを決めた。

 

●●●
JP250インタークラス表彰台(優勝:篠崎佐助、2位:中村龍之介、3位:石井千優)

 

●●●
2021年JP250インタークラスチャンピオンを決めている篠崎佐助が今回も優勝

 

●●●
JP250ナショナルクラス表彰台(優勝:豊原由拡、2位:梶山采千夏、3位:鈴木悠大)

 

●●●
ナショナルクラスでは豊原由拡が今シーズン初優勝を飾った

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【JP250クラス】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.