Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】ランキングリーダー渡辺⼀⾺がポールから決勝レースに臨む!

第7戦 オートポリス ST1000クラス公式予選

 

News 2021.09.18

 

渡辺⼀⾺渡辺⼀⾺(ポールポジション)

 

路面がほぼドライに変わってから始まったST1000の公式予選では南本宗⼀郎を先頭にタイムアタックがスタート。スポット参戦の岩⼾亮介、渡辺⼀⾺、和⽥留佳と激しくトップタイムが入れ替わる。この時点でタイミングボードのトップに立つのは1分51秒077の渡辺⼀⾺。1分51秒813をマークした岡本裕⽣が2番手で続き、さらに岩戸、作本輝介と続く。岡本は1分51秒485をマークして自己ベストを更新し、ピットに戻ってくる。

 

作本が1分51秒891をマークしてタイミングボードの3番手に。作本もピットインする。路面温度が上がったせいか、タイムアップするライダーが少ない中、4分を残す頃、ピットインしていたライダーもコースインしていく。しかし、上位陣のタイムアップはならず、渡辺の1分51秒077がトップタイム。渡辺は第3戦SUGO以来となるポールポジションを獲得することとなった。それに1分51秒485の岡本、1分51秒891の作本と続いた。

 

オートポリス公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【ST1000クラス】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.