Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】終盤のタイムアタック合戦の末に長尾健吾がトップタイム!

第7戦 オートポリス ST600クラス公式予選

 

News 2021.09.18

 

長尾健吾長尾健吾(ポールポジション)

 

35分間によるST600の公式予選。アタック早々に阿部恵⽃が2分02秒438をマークしてタイミングボードのトップに。それに2分02秒906の菅原陸、2分03秒056の綿貫舞空と続く。芳賀涼⼤が2番手に。その芳賀涼⼤が2分02秒097をマークしてタイミングボードのトップに立つ。菅原がピットに。ランキング3位の⼩⼭知良もピットに入る。ランキングリーダーの埜⼝遥希が7番手あたりのタイムで走行を続けるが、その埜⼝もピットインする。

 

15分を残す頃に上空が明るくなると、2番手タイムの阿部がピットアウト。阿部はセクターによっては芳賀涼⼤を上回るタイムをマークする。芳賀涼⼤、阿部ともに再びピットイン。チャンピオンシップを争う埜⼝、荒川晃大、⼩⼭、長尾健吾の4台が上位に来ていない。その中で順位を上げてきたのは長尾。その長尾が2分00秒004をマーク。1分59秒960をマークした埜⼝がそれを上回るが、1分59秒537をマークした菅原がタイミングボードのトップに立つ。終盤、トップタイムは埜⼝、長尾と目まぐるしく変わったが、1分57秒596の長尾がポールポジションを獲得。それに1分57秒886の菅原、1分58秒480の阿部と続いた。

 

オートポリス公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【ST600クラス】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.