Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】中須賀克⾏が今シーズン7度目のポールポジション!

第7戦 オートポリス JSB1000クラス公式予選

 

News 2021.09.18

 

中須賀克⾏中須賀克⾏(決勝レース1/決勝レース2ポールポジション)

 

JーGP3クラスに続いて行なわれたJSB1000の公式予選もウェット宣言が出されてスタート。アタック開始早々のトップ3は濱原颯道、名越哲平、秋吉耕佑のオーダー。中須賀克⾏がすぐにピットに。予選がスタートして9分が経過する頃、雨粒が大きくなってきたことにより、レッドクロスが出されると、ピットに入るライダーが多くなってくる。再びコースに入っていた中須賀がジェットコースターストレートエンドでスリップダウン。再スタートした中須賀を含む全車がピットに入る。

 

20分が経過する頃、空が明るくなり、多くのライダーが再びコースに。濱原、児⽟勇太、津⽥⼀磨のオーダーだったが、秋吉が津⽥のタイムを上回ると、さらに児⽟のタイムをも上回る。Tカーに乗り換えてコースインした中須賀が16分を残す頃、2番手に立つと、中須賀はさらに1分49秒852をマークしてタイミングボードのトップに。加賀⼭就⾂が1分49秒873をマークしてそれに続く。残り10分を切る頃、濱原が中須賀を上回る1分49秒197をマークするが、再びコースインした中須賀が1分48秒082をマークしてポールポジションを獲得。それに濱原、名越と続いた。セカンドベストも中須賀だった。

 

決勝レース1はこのあと15時35分から15周によって争われる。

 

濱原颯道濱原颯道(決勝レース1の2番グリッド/決勝レース2の3番グリッド)

 

オートポリス公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【JSB1000クラス】

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.