Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 9/18-19 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】尾野弘樹が2戦連続独走優勝で今シーズン3勝目!

第6戦 岡山国際サーキット J-GP3クラス決勝レース

 

News 2021.09.06

 

 

決勝日はこのウイークで初めての青空。朝から太陽が照りつけ残暑厳しいコンデシション。2輪専用シケインができてから初めての全日本ロードレースの決勝が行われた。朝のウォームアップ走行で赤旗が出た影響でレーススケジュールが変更となり午前10時13分、19周による決勝レースがスタートした。

 

 

ホールショットは尾野弘樹が奪い、小室旭、細谷翼、高杉奈緒子と続く。オープニングラップは尾野が制し、以下、小室、細谷、高杉、森俊也、岡崎静夏、徳留真紀、彌榮郡、大田隼人、成田彬人の上位10台。尾野はスタート直後からペースを上げて逃げにかかり3周目には2番手の小室に3秒060もの差をつける。2番手以降が1分41秒後半から42秒台のラップタイムに対し、1人だけ1分40秒台後半と約1秒速いペース。その差はみるみるうちに開いていき、5周目には5秒110、折り返しを迎える9周目には11秒484の差をつけて独走となる。

 

 

セカンドグループは小室、細谷、高杉の3台。しかし高杉が徐々に遅れ出し小室と細谷の一騎打ちに。小室の背後から細谷がプレッシャーをかけるが2人の差はコンマ2秒前後のまま変わらず。動いたのは16周目。バックストレートで小室のスリップに入った細谷がヘアピンで小室をパス、2番手に浮上する。高杉は単独の4番手走行を続ける。

 

5番手以降のグループは森、岡崎、徳留、彌榮郡、大田、成田、木内尚汰、田中風如、山本恭裕による9台の集団であったが、ここから徳留と木内が抜け出して2台によるバトルを展開。かわって7番手争いが毎周順位を入れ替える激しい集団となる。岡崎、大田が徐々に遅れ出し、オープニングラップを17番手で通過した小合真士が加わり順位を上げていく。12周目には11台の大きな集団となっていた。

 

 

尾野は12周目以降、ペースが落ちるが、それでも1分41秒前半のラップタイム。一度もトップの座を譲ることなく2位に18秒453の大差をつけてポールtoウイン! 鈴鹿に続く連勝で今季3勝目。25ポイントを加え118ポイントとした。

 

 

2位争いは、最終ラップのヘアピンで小室が前に出るが、細谷がダブルヘアピン進入で抜き返し細谷に軍配が上がった。小室は3位でゴールし、130ポイント。ランキング2番手の尾野とは12ポイント差で最終戦を迎える。レース終盤に追い上げた徳留が高杉に追いつき、最終ラップに前に出るが、ホームストレートで高杉が抜き返し0秒011差で高杉が徳留を抑えた。

 

 

木内は6位。激しい7位争いは小合が制した。8位に田中、9位に彌榮郡、10位に森のトップ10であった。

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

→ 【公式結果ページ】第6戦 岡山国際サーキット

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.