Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 9/18-19 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】作本輝介が圧倒的な速さを見せ今シーズン2勝目を挙げる

第6戦 岡山国際サーキット ST1000クラス決勝レース

 

News 2021.09.05

 

 

31台が出走したST1000クラス決勝。ポールポジションスタートの作本輝介が好スタートを切りホールショットを奪い、岡本裕生、岩戸亮介、前田恵助、渥美心、渡辺一馬、豊島玲、榎戸育寛、長谷川聖、伊藤和輝と続いていく。1コーナーでは谷本信貴、安達勝紀、坂本崇、梶山知輝が絡む多重クラッシュが発生。新シケインの立ち上がりでも谷本音虹郎が転倒とスタート直後に2カ所でアクシデントが発生するが、レースは、そのまま続行。オープニングラップから作本が積極的にペースを上げ、一気にリードを広げていく。2番手争いは、岡本、岩戸、前田の3台が繰り広げ、やや間隔を開けて渡辺、渥美、長谷川、伊藤と続いていた。

 

 

作本は、3周目にファステストラップとなる1分33秒222をマークすると、独走態勢を確固たるものとしていく。2番手争いは、岡本と岩戸の一騎打ちとなり、ペースの上がらない前田の背後には、渡辺が迫ってくる。7周目に渡辺はバックストレートからヘアピンの進入までに前田の前に出て4番手に浮上すると、さらに前を追っていく。前田は、8周目に伊藤、13周目には榎戸にもかわされ苦しい展開となり、さらに渥美も迫ってきていた。

 

 

その後方では、南本宗一郎が長谷川をかわし8番手に浮上。星野知也も豊島をかわし、ポジションを上げていた。

 

 

トップを独走する作本はハイペースで18周を走り切り今シーズン2勝目をマーク。2位争いは、残り2周を切った17周目のアトウッドカーブで岩戸が痛恨の転倒。悔しいリタイアとなり、岡本が2位でゴール。3位に渡辺が入った。

 

 

今回、渡辺がチャンピオンを決める可能性があったが、作本が勝ったことにより、ストップがかかった。渡辺が105ポイント、作本が86ポイントとなり、その差は19ポイントと圧倒的に渡辺が有利な状況で最終戦オートポリスを迎えることになった。

 

 

伊藤は、4番手でチェッカーを受けたが、黄旗区間での追い越しがあり30秒加算のペナルティとなり、正式結果は11位。4位は榎戸となり、5位に渥美、6位に前田、7位に南本、8位に星野、9位に長谷川、10位に豊島となった。

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

→ 【公式結果ページ】第6戦 岡山国際サーキット

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.