Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 9/18-19 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】埜口遥希、今季2勝目を挙げ、ポイントリーダーに!

第6戦 岡山国際サーキット ST600クラス決勝レース

 

News 2021.09.05

 

埜口遥希のウィニングラン埜口遥希のウィニングラン

 

ST600クラスの決勝レースは、ポールポジションの阿部恵斗が出遅れる中、予選3番手の長尾健吾がホールショットからトップでレースをリードする。後続には横山尚太、鈴木光来、埜口遥希、國峰啄磨、阿部恵斗、小山知良らが連なる。しかし、スタート直前に僅かに動いた小山にジャンプスタートによるライドスルーペナルティが提示され、最後尾近くまで順位を落としてしまう。

 

トップの長尾は変わらず、3周目に埜口が鈴木をかわして長尾の直後に迫り、バトルを展開。順位を上げてきた阿部も鈴木とテールtoノーズの争いを繰り広げる。緊迫のレースを展開していたトップ争いだったが、15周目の1コーナーで埜口が長尾をパス。トップに浮上すると残り周回、迫る長尾を振り切って今季2勝目を挙げると同時に、102ポイントでポイントリーダーに躍り出た。2位表彰台の長尾も85ポイントとなり、最終戦オートポリスでのタイトル争いに踏みとどまった。

 

阿部恵斗が3位表彰台、4位に井手翔太、5位が鈴木。予選が14番手と奮わなかった荒川晃大もじわじわ順位を回復し、6位でフィニッシュ。小山も最終的に14位まで順位を上げ、ポイントでは荒川が90、小山が87と俄然シビアになったST600クラスのタイトル争いは、2週間後のオートポリスで決着を見る。

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

トップ争いの2台トップ争いの2台

 

ST600クラス表彰台ST600クラス表彰台

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.