Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 オートポリス 9/18-19 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】作本輝介、クラス初ポールポジションを獲得!

第6戦 岡山国際サーキット ST1000クラス公式予選

 

News 2021.09.04

 

作本輝介作本輝介(ポールポジション)

 

JーGP3に引き続いて行われたST1000クラスの公式予選でも、まだ濡れているところのある路面の状況から、セッション前半には出走が約半数ほどのタイミングもあり、上位ランカーたちを含めて様子見のライダーが目立った。その中でトップをキープしていたのが藤田拓哉。タイムは1分37秒566。

 

その静寂を破ったのは渥美心。1分36秒8でトップに立ち、続いて岡本裕生が1分36秒6でトップを奪う。渥美が1分35秒364、渡辺一馬も1分37秒190で3番手に浮上するなど、セッション終盤に入ると一気に動きが慌ただしくなってきた。周回が進むにつれてタイムを出すライダーも入れ替わり、残り10分で岡本が1分34秒286、榎戸育寛も1分34秒988と1分34秒台で続く。作本輝介、伊藤和輝も1分34秒台に入れて、2番手、3番手に食い込む。

 

残り5分となり岡本も1分34秒027まで更新してトップを守るが、作本はさらに1分34秒067と迫り、チェッカー周で1分33秒632をマークして岡本からトップを奪いポールポジションを確定した。岡本も同時に1分33秒862へタイムアップするが及ばず2番手、3番手は1分34秒216で渡辺。4番手が1分34秒507の岩戸亮介、1分34秒541の伊藤、1分34秒700とこちらも最終周回でタイムアップした前田恵助と続いた。

 

岡山国際サーキット公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL〜各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【ST1000公式予選】

 

岡本裕生岡本裕生(2番手グリッド)

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.