Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 in SUZUKA 7/17-18 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】渡辺一馬が今シーズン2勝目を挙げランキングをリード!

第5戦鈴鹿 MFJグランプリ ST1000決勝

 

News 2021.07.18

 

 

11周で争われたST1000クラス。ホールショットを奪ったのは、セカンドロウ5番手グリッドからスタートした作本輝介。アウト側からズバッと1コーナーに入っていき、ポールポジションの岡本裕生、セカンドグリッドの渡辺一馬、津田拓也、渥美心、南本宗一郎、榎戸育寛、前田恵助と続いていく。3コーナーでは、津田が渡辺をかわし3番手に浮上。トップを走る作本は、オープニングラップから積極的にレースをリードしアタマ一つ抜け出していく。バックストレートでは、渡辺が津田をかわしポジションを回復するが、シケインへのブレーキングで渥美が渡辺をかわし3番手に浮上。作本を先頭に、岡本、渥美、渡辺、津田、南本、榎戸、伊藤和輝、前田、伊藤勇樹と続いて2周目に突入していく。

 

 

渥美のペースがよく3周目のスプーンカーブ進入で岡本をかわし2番手に上がると、その勢いのまま4周目には、このレースのファステストラップとなる2分09秒258をマーク。トップの作本のテールを捕らえると、5周目のシケイン進入で一気に前に出ていく。6周目に入るホームストレートでは、作本がすかさず抜き返しトップを死守。これを渡辺、岡本、南本、津田と追っていた。

 

 

作本と渥美のバトルは、ヒートアップしたため、ラップタイムが下がったところ、渡辺と岡本が迫り、トップグループは4台にふくれ上がる。単独5番手の南本をはさみ、6番手を走る津田のテールには伊藤が迫ると、前に出ていく。

 

トップ争いは、7周目のバックストレートで渡辺が渥美をかわし2番手に浮上するが、続くシケインのブレーキングで、渥美はアウトから渡辺を抜き返す。ここで岡本も渡辺をかわし3番手に浮上し、運命の8周目に突入していく。作本を攻める渥美は、デグナーカーブ2個目でインを突くが、作本を道連れにする形で転倒してしまい悔しいリタイア。

 

 

このアクシデントでトップに立ったのは渡辺。岡本に加え、南本、伊藤も接近しトップグループを形成。シケインでは、岡本がアウトから前に出るものの、すかさずホームストレートで渡辺が抜き返しトップをキープ。岡本も意地を見せ、10周目のヘアピンで渡辺をかわしトップに浮上。続くバックストレートでは、渡辺が、抜き返しファイナルラップに突入していく。

 

 

渡辺は、そのままラストスパートに入ると、2番手以降にすきを与えない。逆に岡本に対し、南本がしかけていく。渡辺は、そのままトップでゴールし今シーズン2勝目をマーク。ポイントランキングでもトップに浮上した。2位に南本を抑え切った岡本が入り、3位に南本、4位に伊藤と続いてゴールしたが、レース後に岡本が技術仕様違反で失格となってしまい、2位に南本、3位に伊藤という正式リザルトとなった。

 

 

4位伊藤和輝、5位前田恵助、6位榎戸育寛、7位豊島怜、8位星野知也、9位村瀬健琉、10位藤田拓哉というトップ10となった。

 

鈴鹿サーキット公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL ~ 各公式予選・決勝レースのライブが見られます。

 

→ 【公式結果ページ】第5戦鈴鹿 MFJグランプリ

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.