Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】渡辺一馬が激戦を制し、ランキングトップに!

第5戦鈴鹿 MFJグランプリ ST1000クラス決勝

 

News 2021.07.18

 

【速報】渡辺一馬が激戦を制し、ランキングトップに!

 

MFJグランプリ鈴鹿、この日、最後のレースとなったST1000クラス。5番グリッドからスタートしたポイントリーダーの作本輝介がホールショットを奪う。作本、岡本裕生、渥美心のオーダーでオープニングラップを終了。それに渡辺一馬、津田拓也、南本宗一郎と続く。徐々に作本が単独トップに。渥美が岡本のテールを狙う。渥美は岡本をパスすると、ファステストラップを更新しながらトップ作本にも接近していく。

 

●

 

作本のテールを捉えた渥美はこれをパス。しかしすぐに作本がトップに返り咲く。作本、渥美の背後に渡辺と岡本が接近し、トップグループは4台での争いに。渡辺が7周目の130Rで渥美をパスするが、続く日立Astemoシケインでは渥美が渡辺と作本に並びかける。8周目のデグナーカーブで渥美と作本が絡んで転倒。これにより、渡辺、岡本、南本、伊藤勇樹がテールtoノーズの状態となる。その後もトップ4は激しいバトルが続けたが、渡辺が優勝。それに続き、岡本、南本、伊藤(勇)のオーダーでチェッカーを受けたが、レース後、技術仕様違反のため岡本が失格に。南本が繰り上がって2位。伊藤勇樹が3位となった。

 

鈴鹿サーキット公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL ~ 各公式予選・決勝レースのライブが見られます。

 

→ 【公式結果ページ】第5戦鈴鹿 MFJグランプリ

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.