Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】中須賀克行が真夏の鈴鹿を制し10回目のタイトルに王手!

第5戦鈴鹿 JSB1000レース1レポート

 

News 2021.07.17

 

【レポート】中須賀克行が真夏の鈴鹿を制し10回目のタイトルに王手!

 

厳しい暑さの中で争われた第5戦鈴鹿MFJグランプリ JSB1000レース1。

 

セカンドグリッドから好スタートを見せたのは加賀山就臣だった。久しぶりにホールショットを奪いトップに立ち、亀井雄大、中須賀克行、秋吉耕佑、名越哲平、濱原颯道、柳川明、清成龍一と続いていく。岩田悟は、1コーナーでコースアウトしてしまい大きく順位を落としてしまう。

 

 

S字コーナーから逆バンクの切り返しでは、濱原が名越をかわし、ポジションアップ。バックストレートでは、亀井が加賀山をかわしトップに浮上し、レースをリード。2周目に入るホームストレートでは、中須賀が加賀山をかわし亀井のテールに迫っていく。3番手に加賀山、4番手に秋吉、5番手に濱原、6番手に名越、7番手に柳川、8番手に清成、9番手に大久保光、10番手に日浦大治朗と続いていた。

 

トップグループは、亀井、中須賀、加賀山の3台が抜け出し、秋吉、名越、濱原がセカンドグループを形成。3周目に名越がヘアピンで前に出て4番手に浮上すると加賀山に迫っていく。秋吉は5周目に電気系トラブルが発生しスローダウン。悔しいリタイアとなってしまう。

 

 

トップを走る亀井は、2分07秒台で周回する走りを見せ健闘していたが、5周目のMuSASHiシケインを立ち上がった200Rで痛恨の転倒。直後を走っていた中須賀は、亀井のマシンに接触するものの難を逃れる。このアクシデントのためセーフティカーが導入されることになる。

 

 

この時点でトップは中須賀、2番手に加賀山、3番手に名越、4番手に濱原、5番手に日浦、6番手に柳川、7番手に岩田、8番手に児玉勇太、9番手に大久保、10番手に清成と続いていた。セーフティカーランは、4周に渡って入り、残り6周でリスタートとなる。

 

トップを走る中須賀は、着実に2番手以下を引き離し独走態勢に入っていく。2番手につけていた加賀山だったが、ペースが上がらず、後続に飲み込まれてしまう。10周目のバックストレートで名越が加賀山をかわし2番手に浮上。加賀山、濱原、日浦、岩田の5台がセカンドグループを形成。12周目のスプーンカーブでは、加賀山のインに濱原が入り、2人の加速がにぶったところを続くバックストレートで日浦が一気に2人をかわして3番手に浮上する。13周目の1コーナーでは、岩田が加賀山をかわし5番手にポジションを上げる。

 

 

トップを走る中須賀は、独走でチェッカーを受け今シーズン負けなしの6勝目をマーク。2位争いは、名越が日浦を抑え切りJSB1000クラス初表彰台。スポット参戦の日浦もJSB1000クラス初表彰台と中須賀の両脇は、フレッシュな顔ぶれとなった。4位は最終ラップに濱原をかわした岩田が入り、加賀山が6位、柳川が7位、児玉が8位、大久保が9位、代役参戦の山口辰也が10位でフィニッシュした。清成はペースが上がらず11位でゴールとなった。

 

転倒リタイアとなった亀井は右足腓骨を骨折してしまったため、レース2は欠場を余儀なくされる。第6戦岡山国際での復帰を目指す。

 

 

暫定ランキングでは、中須賀が163ポイント、2番手の清成が89.5ポイントとなり、中須賀がレース2で勝てば文句なしで10回目のチャンピオン獲得となる。

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.