Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 in SUZUKA 7/17-18 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】作本輝介が安定した速さを発揮しST1000クラス初優勝を達成!

第4戦 筑波 ST1000クラス 決勝レース2

 

News 2021.06.20

 

レーススタート

 

前日のレース1とは違い、レース2はドライコンディションでの20周レースとなった。ホールショットを奪ったのは予選2番手の渡辺一馬で、ポールシッター岡本裕生は、やや出遅れて2番手。さらに榎戸育寛、前田恵助が続き、これがオープニングラップの順位となり、予選9番手の作本輝介が5番手にジャンプアップしてきた。2周目に作本は前田をパスして4番手に浮上。さらに作本は3周目の1コーナーで榎戸を抜いて3番手に上がる。

 

作本輝介の走り

 

一方、渡辺と岡本のトップ争いは、4周目の1コーナーで、渡辺のインを突いた岡本が首位に立つ。そして2番手となった渡辺は、その4周目にラップタイムが上がらずに、一気に4番手までポジションを落としてしまう。その後も渡辺のラップタイムは上がらずにピットインすると、マシントラブルによりリタイアとなった

 

岡本裕生と津田拓也のバトル

 

4周目を終了した時点で、トップは岡本と作本が同着という緊迫した状態。そして第2ヘアピンでトップに立った作本は、6周目にはファステストラップとなる56秒542を叩き出し、2番手の岡本に1秒1のタイム差をつけた。首位固めに入った作本の後方では、予選14番手から激しい追い上げを見せる津田拓也が岡本に急接近。そして11周目に津田が岡本を捕らえて2番手に浮上するが、さらにその後方には榎戸、南本宗一郎が迫り、2位争いは4台の集団となった。

 

作本輝介

 

その後、17周目の第2ヘアピンで榎戸が転倒。マシンがコース上に残ってしまったため赤旗が提示されてレースは中断。その後、16周終了時点でレースは成立となった。この結果、作本がST1000クラスで初優勝を達成。津田が2位となり、岡本が3位。以下、榎戸、南本、豊島怜、渥美心、伊藤和輝、前田恵助、長谷川聖と続くトップ10。

 

表彰台(左から 津田拓也/作本輝介/岡本裕生)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【公式結果ページ】第4戦 筑波

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.