Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】埜口遥希がバースデイウイン! ST600初優勝を飾る!!

第4戦 筑波 ST600クラス 決勝レース2

 

News 2021.06.20

 

最初のレーススタート

 

かるがもの横断のためスタートがディレイしたST600クラス。ほのぼのとしたアクシデントの直後に、アクシデントが発生してしまう。スタート直後の1コーナーで中山耀介、綿貫舞空、阿部真生騎が、2周目の最終コーナーでは、屋代原野が、3周目の第1ヘアピンでは、家根谷大晟、横山尚太、千田俊輝が転倒とアクシデントが相次いだため赤旗中断。レースは仕切り直しで行われることになってしまう。

 

転倒車両続出で赤旗中断

 

2度目のスタートでもポールポジションの長尾健吾がホールショットを奪い、阿部恵斗、家根谷、小林隼士、埜口遥希と続くが、アウトにふくらんだ家根谷がポジションを落としてしまう。第1ヘアピンには、長尾、阿部、小林、埜口、千田と続いて行く。この第1ヘアピン立ち上がりで埜口は小林をかわし3番手に浮上し、オープニングラップを終える。

 

仕切り直しで再レース

 

埜口の勢いは止まらず2周目の最終コーナー進入で阿部をかわし2番手に上がると長尾のテールをピタリとマーク。序盤は、長尾、埜口、阿部の3台がトップグループを形成。その後方では、4番手の千田をはさみ、3周目の1コーナーで小山知良が5番手に上がって来ていた。さらに伊達悠太、荒川晃大もポジションを上げ、4番手争いを繰り広げる。

 

今度は埜口遥希が確変した

 

事前テストから好調だった國峰啄磨は、雨の予選で転倒を喫し、23番手グリッドに沈んでいた。そこから13番手まで追い上げていたが5周目の第2ヘアピンで痛恨の転倒。そのままリタイアとなってしまう。トップ争いが動いたのは、レースも折り返し迎える10周目だった。1コーナーで長尾のインを突いた埜口がトップに浮上し、レースをリード。これに小山も追いつきトップグループは4台にふくれ上がる。さらに後方から伊達をかわした荒川も追いついてくる。14周目の第2ヘアピン進入でバランスを崩した阿部がふくらんでしまい、そのすきの小山が3番手に浮上する。

 

終盤まで続いたバトル

 

埜口はラストスパートに入り、長尾はペースを上げられない。これを見た小山は18周目の第2ヘアピン立ち上がりからバックストレートで長尾をかわし2番手に浮上。後方でも荒川が阿部をかわして4番手、19周目の1コーナーで長尾をかわし3番手に上がってくる。埜口は、2番手以下にリードを保ち、そのままトップでゴール。うれしいST600クラス初優勝を20歳の誕生日に飾った。2位には、最終ラップの第2ヘアピンで小山をかわした荒川が入り、3位に小山、4位に阿部、5位に長尾と続いた。伊達は6位、菅原陸が7位、鈴木光来が8位、伊藤元治が9位、中村竜也が10位と続いた。

 

埜口遥希

 

表彰台(左から 荒川晃大/埜口遥希/小山知良)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【公式結果ページ】第4戦 筑波

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.