Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】小室旭がぶっちぎりの独走でポールtoウイン! 今季3勝目を挙げる

第4戦 筑波 J-GP3クラス 決勝レース2

 

News 2021.06.20

 

小室旭もエキサイト

 

前日の雨は朝には上がり、まだウエットパッチは残るものの、朝のウォームアップ走行からスリックタイヤでの走行が可能となっていたが、時折雨がパラついていた。その後、J-GP3クラスのレースが始まるころには、陽も差すまでに回復。完全なドライコンディションで決勝は行われた。ホールショットはポールポジションの小室が奪い、尾野弘樹と森俊也が並びながら1コーナーを立ち上がるとS字コーナー進入でイン側にいた森が2番手を獲得。しかし、その先の第2ヘアピンで膨らんだ森のイン側から尾野が2番手を奪取。オープニングラップは小室が制し、以下、尾野、森、木内尚汰、細谷翼、濱田寛太、徳留真紀、江澤伸哉、藤田哲弥、山本恭裕と続いていく。

 

レーススタート

 

小室はレース1に続いてオープニングラップから飛ばしていく。2周目には2番手の尾野との差を広げ早くも独走態勢を築く。そして尾野も3番手以下を引き離し、単独で2番手を走行する。3番手争いが木内を先頭に森、細谷、濱田、徳留、江澤、藤田の7台の集団となる。この集団の中で木内と細谷がテールtoノーズで激しくバトルを展開する。4周目のS字コーナーに進入で細谷が前に出るとペースを上げ、7周目には単独走行となる。

 

尾野弘樹の走り

 

トップ小室、2番手尾野、3番手細谷はそれぞれ単独走行となる。小室と尾野の差、4周終了時点で1秒8、5周目2秒2とその差は徐々に広がり、9周終了時点では4秒4まで広がっていた。細谷が抜けた4番手争いの集団では藤田が先頭に立っていた。藤田は予選19番手スタート。ここまで15台を抜いてきている。その藤田と木内がサイドバイサイドのバトルを展開する。藤田と木内がバトルをするうちに、この集団は7台にまで大きくなる。ここから15周目の最終コーナーでは、木内が大きくラインを外してしまい順位を下げる。

 

表彰台の小室旭

 

木内が抜けた4番手争いは、藤田、森、彌榮郡の3台が順位を入れ替えながら展開する。しかし、17周目のアジアコーナー立ち上がりで彌榮がハイサイドで転倒。すぐ後ろを走っていた若松玲は間一髪、転倒は免れたものの順位を落としてしまう。レース終盤になっても安定した速さを見せた小室は、独走でトップチェッカー。2位の尾野に6秒510の大差をつけて筑波パーフェクトウィン!今季3勝目を挙げた。細谷はレース1に続いて3位に入り、連続表彰台。

 

優勝した小室旭

 

激しい4位争いは森が制し、5位に藤田、6位に徳留、7位に岡崎静夏、8位に若松、9位に江澤、10位に高杉奈緒子のトップ10位であった。

 

表彰台

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【公式結果ページ】第4戦 筑波

 

■報道関係者の皆様へ■

※ここに掲載している画像の他、高画質版画像や各種ロゴデータなどは、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.