Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【速報】レース1-2共に篠崎佐助(INT)・梶山采千夏(NAT)が優勝!

2021MFJカップ JP250選手権 第3戦筑波

 

News 2021.06.20

 

混戦のチェッカードライとなった決勝レース2は混戦に

 

2021MFJカップ JP250選手権 第3戦筑波は決勝2レース制。土曜日の朝一番で予選、午後に決勝レース1,日曜日の午前中に決勝レース2が行われる。土曜日は前日とは打って変わり朝から雨。それも風を伴い時に激しく降る。その中で20分の予選セッションが進むにつれて、徐々にタイムも上がってくる各ライダー。結局、ファーストタイム、セカンドタイムともに篠崎佐助がトップタイムをマークし、レース1、レース2ともにポールポジションを獲得した。

 

レース1スタート決勝レース1のスタートはヘビーレイン

 

土曜日の12時からの決勝レース1も雨。前回SUGOラウンドの決勝が中止となっているだけに、各ライダーともモチベーションは高い。その中でポールポジションの篠崎がダッシュを決め、ホールショットを奪うと、オープニングラップからリードを広げていく。後続は今季からインターに昇格した田中敬秀、中村龍之介、岡部怜のインター勢に混じって、ナショナルの梶山采千夏が続く。

 

トップ集団決勝レース1のトップ争い

 

篠崎は、その経験と速さを活かし、周回毎に2位集団との差を広げ、12周のレース折り返しまでに2秒以上のアドバンテージを築いた。一方後方の2位集団は田中が抜け出し、中村、岡部、梶山の3台でのバトルとなり、ナショナルライダー梶山の健闘が光ることとなった。結局、レースは前回SUGOの鬱憤を晴らすかの如く、篠崎が独走で開幕戦についで優勝。田中が2位。3位争いは0.4秒に3台がひしめく結果で中村が入った。ナショナルのトップは梶山で総合でも5位。鈴木悠太、南博之が表彰台に上った。

 

激しい3位争い最後まで続いた激しい3位争い

 

明けて日曜日、曇りながらドライコンディションでのレースとなったJP250が最初の決勝レース2となった。ここでもポールポジションスタートの篠崎が好スタートからレースをリードしていく。しかし、虎視眈々とその座を狙う上位ライダーたちは、今回簡単にはリードを許さなかった。

 

前半から中村、岡部、田中らが先行する篠崎の直後でバトルを展開。そこから抜け出た田中が篠崎に接近すると、6周目には一時トップに浮上する。すると後方からもレコードラップで梶山、中沢寿寛らもバトルに加わり、後半は複数台によるトップ争いが、3ワイド、4ワイドでコーナー毎にバトルする目まぐるしく展開。その中で、トップを奪い返していた篠崎が最終ラップの最終コーナーの攻防を制して篠崎がトップチェッカーを受け、筑波で2連勝、開幕戦優勝、前回中止となったSUGOを含め、今季 負け無し。ナショナルクラスは梶山がレースで堂々のトップ争いを繰り広げ、ナショナルクラス2連勝、そして総合3位表彰台を獲得した。

 

篠崎佐助レース2でも先行逃げ切りを狙ったがそれは叶わなかった篠崎佐助

 

筑波サーキット公式WEBサイト(大会特設サイト)

 

MFJ Live CHANNEL 〜 各公式予選・決勝レースのライブが見られます

 

【公式結果ページ】第4戦 筑波

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.