Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 in SUZUKA 7/17-18 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

FLASH村の村長が筑波ラウンドに参戦!

村民の期待を背にST600にエントリーする家根谷大晟

 

News 2021.06.07

 

 

2021年シーズン、第4戦筑波で初めて家根谷大晟が全日本ST600クラスにエントリー。家根谷は、昨年10月に千葉県印西市にオープンしたフラットトラックコース「FLASH(フラッシュ)村」の村長(管理人)を務めており、その腕前も群を抜いている。

 

5月から筑波サーキットでKawasaki ZX-6Rで走り始め、6月5日(土)に開催された筑波ロードレース選手権第2戦に参加。久しぶりのレースながら、自己ベストを更新しポールポジション。決勝は2位となったが、全日本筑波ラウンドに向けて上々の手応えを得たようだ。

 

「オイラがFLASH村の村長・家根谷大晟だ! 昨年末から汗に泥にまみれて練習を重ねてきました。筑波選手権ではトレーニングの成果が出て自己ベストを更新することができました。全日本はレベルが高いので、もっと速く走れるように全力を尽くします。全日本参戦応援グッズの販売も行います。村民たちの思いを乗せて走るので、応援をよろしくお願いいたします」

 

 

アドバイザー、エンジンマップ担当には、チームの先輩である奥田教介が担当。「今年は大学卒業に向け全日本には参戦していませんが、自分が好きなデータ研究とチームの過去5年間の表彰台獲得データをフルに使いアドバイスしたいと思っています」と奥田。鈴鹿8耐には参戦予定だと言う。

 

「スポット参戦ですが、また全日本筑波大会にKasawaki ZX-6Rを走らせることができ、うれしく思います。eS_Style様、max10group様、dowell様をはじめ、多くの方にご協力いただき参戦が実現しました。本当にありがとうございます。チームの総力を挙げて最高の結果を求めて行きます。家根谷のトレーニングの成果を走りでアピールできるよう全力を尽くします」と高橋英倫監督。

 

FLASH村は、完全予約制のフラットトラックコース。レンタルバイクもあるので、ロードレースのトレーニング、スキルアップにもってこいだ。

 

FLASH村 Facebookページ

https://www.facebook.com/flash.village/

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.