Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ チャンピオン

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】小室旭が尾野弘樹との一騎打ちを制し今季初優勝!

第3戦スポーツランドSUGO J-GP3レースレポート

 

News 2021.05.24

 

表彰台の小室旭

 

早朝は深い霧に包まれたが時間と共に霧は晴れ、J-GP3決勝レースの時間には薄陽が射すほど回復した。しかし、路面は完全にドライとはならず、ところどころウエットパッチが残る難しいコンディションでレースは行われた。

 

ホールショットは小室旭が奪い、尾野弘樹、木内尚汰と続いて1コーナーに進入する。3コーナー進入で木内が尾野をパス、2番手に浮上する。最終シケインで高橋直輝の背後にピタリとつけた高杉奈緒子は10%勾配で高橋をパスし4番に。オープニングラップは小室が制し、ホームストレートで木内をかわした尾野が2番手、3番手木内、4番手高杉、5番手高橋、以下、若松怜、徳留真紀、細谷翼、山本恭裕、森俊也と続いていく。

 

レーススタート

 

小室、尾野、木内、高杉の4台が先頭グループを形成し後続との差を広げ始め、3周目には2秒5まで広げる。セカンドグループは細谷、高橋、徳留の3台で5番手争いを展開する。3周目のホームストレートで高杉が木内をパスするが翌周の1コーナーで木内が抜き返すバトルを展開。後方のセカンドグループでは、最後尾26番手スタートの藤田哲弥が加わり、高橋をパスして7番手まで浮上していた。

 

5周目の1コーナーでは、トップグループを追っていた徳留が転倒。コースに復帰するも大きく順位を落とす。これで藤田は6番手となる。細谷が先頭グループに追いつき5台のパックとなる。しかし8周目の4コーナーでここまで3番手を走行していた木内が転倒リタイアとなる。

 

終盤のマッチレース(#22尾野弘樹、#2小室旭)

 

これでトップ争いは小室と尾野の一騎打ちとなる。その後方では高杉と細谷の3番手争いが展開される。9周目の馬の背コーナー、細谷が高杉をパス、3番手に浮上する。しかし10周目の1コーナーで痛恨の転倒を喫する。これで高杉は単独3番手走行。

 

優勝した小室旭の走り

 

迎えたファナルラップ、コントロールライン手前で尾野をパスしてトップに立った小室、しかし1コーナーで止まりきれず膨らんだ隙に尾野がトップを奪い返す。バックストレートから馬の背コーナーの進入、レイトブレーキングでアウト側から尾野の前に出た小室、立ち上がりでも尾野を抑えてトップに浮上。尾野も10%勾配でスリップストリームに入るものの、そのまま小室がトップチェッカー。事前テストで骨折を負いながらも闘い抜いた尾野が2位表彰台。3位に全日本初表彰台の高杉となった。

感無量 高杉奈緒子の全日本初表彰台

 

藤田、森、若松、木内、岡崎の5台が1パックとなって闘っていた4番手争いは森が制して4位。5位に藤田、6位に若松、7位に岡崎、8位に高橋で決着。9位山本、10位山田尚輝の上位10台であった。

 

表彰台(左から 尾野弘樹/小室旭/高杉奈緒子)

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.