Contact UsContact Us

MFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIPOffical Fan-SiteMFJ SUPERBIKE ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP - Offical Fan-Site

MFJ Live CHANNELMFJ Live CHANNEL

Next RaceNext Race

  • 2021 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 in SUZUKA 7/17-18 - SUPERBIKE.JP

  • 監視カメラ+α映像を
    いち早く生中継!
    MFJ Live CHANNEL
    ※通信環境によりディレイ配信
    となる場合がございます。

    全日本ロードレースを
    LIVE動画で楽しもう!

News HEADLINE

【レポート】荒川晃大が圧倒的な速さで全日本初優勝を達成!

第3戦スポーツランドSUGO ST600レースレポート

 

News 2021.05.24

 

彰台の荒川晃大

 

第3戦SUGO最後の決勝レースとなったST600クラス。西の空には青空がのぞくほど天候は回復していた。

20周で争われた決勝。ホールショットは予選3番手の長尾健吾が奪う。横山尚太、鈴木光来、荒川晃大、小山知良、阿部恵斗の順に1コーナーに進入する。馬の背コーナーの進入で國峰啄磨が阿部のインに飛び込み、ひとつ順位を上げる。最終シケインでは鈴木が横山のインから2番手に浮上。その後方を走っていた阿部がシケイン立ち上がりで転倒し、直後にいた埜口遥希も転倒。共に再スタートしたが大きく順位と落としてしまう。オープニングラップは長尾が制し、以下、鈴木、横山、荒川、小山、國峰、伊達悠太、佐野優人、松岡玲、中村竜也と続いていく。

 

レーススタート

 

2周目、長尾、鈴木、横山、荒川、小山、國峰の6台がトップグループを形成し、7番手以下との差を広げる。馬の背コーナーの進入で鈴木が長尾をかわしてトップに立つ。その先のシケインでは荒川が長尾のインからトップを奪うが、ホームストレートで長尾が一気に2台をパスして再びトップを奪取する。

3周目のバックストレートで長尾のスリップから抜けた荒川が馬の背でトップ浮上、さらに小山もスリップを使って鈴木、横山の2台を一気にパス、3番手に浮上する。勢いに乗る小山は4周目のホームストレートで長尾をパスして2番手に浮上、鈴木も4コーナーで長尾のインから3番手に浮上する。國峰が最終シケインの飛び込みで長尾を刺して4番手に浮上、長尾は5番手にポジションダウン。横山は6番手につけていた。

 

トップ争い(#4長尾健吾、#15鈴木光来、#6横山尚太)

 

トップ荒川に対して執拗に背後からプレッシャーを与えていた小山が9周目のハイポイントコーナーでまさかの転倒。そのまま戦線を離脱してしまう。トップ荒川、2番手鈴木のMOTOBUM1-2で周回を重ねる。荒川は8周目に1分30秒442のファステストラップをマークすると、その後も1分30秒台を連発。後続が1分31秒台、1分32秒台なので、その差は開く一方だった。

 

トップ争いの#5荒川晃大と#3小山知良

 

その後方では、鈴木と國峰が激しい2番手争いを展開していたが、鈴木が14周目の馬の背コーナーで痛恨の転倒。國峰は単独2番手となり、3番手争いを横山と長尾が展開していた。

 

優勝した荒川晃大の走り

 

荒川は2位以下に8秒7の大差をつけて全日本初優勝を飾る。2位に國峰、表彰台争いは横山が制して全日本初表彰台。長尾は悔しい4位。

佐野、松岡、芳賀涼大、伊達、菅原陸の5台による5番手争いは佐野が制した。6番手伊達、7番手松岡、8番手菅原、9番手羽賀、10番手井手翔太の上位10台であった。

 

表彰台(左から 國峰啄磨/荒川晃大/横山尚太)

 

 

 

 

一覧へ戻る →


SponsorsSponsors

↑ up
© 2021 MFJ. All rights reserved.